国宝9件、重要文化財約50件を展示【奈良国立博物館「特別展 国宝の殿堂 藤田美術館展-曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき-」】(奈良市)

奈良国立博物館にて、「特別展 国宝の殿堂 藤田美術館展」が開催されます。

大阪市の中心部にある藤田美術館は、国宝9件、重要文化財53件を含む世界屈指の日本・東洋美術のコレクションを所蔵する美術館です。明治期に活躍した実業家・藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)(1841~1912)とその息子平太郎、徳次郎兄弟の二代3人によって収集された美術工芸品を公開するため、昭和29年(1954)に開館しました。

約2千点におよぶコレクションは、茶道具、水墨画、墨蹟、能装束、絵巻、仏像、仏画、経典、仏教工芸、考古資料など多岐にわたり、その中には奈良にゆかりのある仏教美術が数多く含まれています。このたびの展覧会は、2022年春に予定されるリニューアルオープンの準備に向けて現在休館している藤田美術館の名品を奈良国立博物館新館の全展示室を使用して紹介するかつてない規模の展示となります。

世界に三碗しか存在しないと言われる国宝「曜変天目茶碗」をはじめ「玄奘三蔵絵」「両部大経感得図」「仏功徳蒔絵経箱」などの仏教美術を中心に、館外初公開を含む多彩なコレクションを紹介します。

膨大な私財を投じて、近代以降散逸の危機にあった文化財を収集し、国宝の殿堂と呼ぶにふさわしいコレクションを築いた藤田傳三郎らの功績にも光を当てていきます。

【概要】

展覧会名:特別展 国宝の殿堂 藤田美術館展-曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき-
開催期間:2019年(平成31年)4月13日(土)~ 2019年(令和元年)6月9日(日)
開館時間:09:00 ~ 17:00
※毎週金曜日は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日、5月7日(火) 
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・振休)は開館
会場:奈良国立博物館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50
料金:

  • [当日]一般1,500円、高校・大学生1,000円、小・中学生500円
  • [前売・団体]一般1,300円、高校・大学生800円、小・中学生300円

※ 団体は20名以上です。
※ 前売券の販売は、3月13日(水)から4月12日(金)までです。
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※ この料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)もご覧になれます。
※ 観覧券は、当館観覧券売場のほか、近鉄の主要駅、近畿日本ツーリスト、JR東海ツアーズ、PassMe!、dトラベル、日本旅行、ローソンチケット(Lコード53880)、チケットぴあ(Pコード769-466)、イープラスなど主要プレイガイド、セブン-イレブン他コンビニエンスストアで販売いたします。(チケットの購入時に手数料がかかる場合もあります)
奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
主催:奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿
特別協力:藤田美術館
後援:文化庁、奈良県教育委員会、奈良市教育委員会、奈良テレビ放送、大阪商工会議所
協賛:ダイキン工業、大成建設、ライブアートブックス
協力:日本香堂、藤田観光、仏教美術協会
お問い合わせ先:奈良国立博物館(ハローダイヤル)050-5542-8600
交通アクセス:

  • 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から登大路を東へ徒歩約15分
  • JR大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
  • 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

駐車場:専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
公式サイト:

0コメント

  • 1000 / 1000