ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良の冬の魅力を味わう【「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり ー 大立山まつり2019」in 平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば】(奈良市)

平城宮跡の冬を彩る毎年恒例のイベント「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり ー 大立山まつり2019」が、1月26日(土)と27日(日)の2日間にわたって開催されます。

今年からはメイン会場が、2018年3月にオープンした「平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば」に変更されます。

平成31年で第4回目を迎える「大立山(おおたてやま)まつり」。今年は、愛称として「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐ(ほぐほぐ)まつり」と名付けられました。

万葉集に「あしひきの 山の木末の ほよ取りて かざしつらくは 千年寿くとそ」という大伴家持の一首があります。ヤドリギを髪に挿して千年続く命を祈ったこの歌は、天平時代に宴席で詠まれました。
長寿を祝うことばの響きと意味に出合い、祭りに集まる皆さんにもそうあってもらいたいと思ったのがこの名前の由来です。

奈良の古代と今の両方を知り、楽しめるような県内各地の魅力が大集合します。奈良県の39市町村の温かい献立と特産品が揃います。
他ではなかなか味わえない、美味しくて温かいごちそう目白押しのあったかもんメニューに、数々の地域自慢の特産品をご堪能下さい。メニューは、公式サイトに掲載されています。

また、県内各地に伝わる伝統芸能やお祭りのお披露目を行います。この機会に、それぞれの地域で大切に受け継がれる伝統の魅力に触れて下さい。

「古代」の奈良に心を飛ばして学ぶ・巡る・体験する事ができるコンテンツが揃います。
奈良時代の甘味「甘葛煎(あまづらせん)」の再現ワークショップや、平城宮跡に関係の深いお寺のお坊さんの講話などが開催されます。一部有料予約制となっております。予約はウェブサイトから可能です。

新しい年を迎えた世界遺産・平城宮跡で、古代から今へと続く奈良のいいとこ尽くしのお祭りです。
「奈良大好き!」の気持ちを持ち寄る、心温まる時間をぜひご一緒に過ごしてみましょう!

また、26日18:30頃から、会場から若草山山焼きが一望できます。

f:id:revival2018:20190113101633p:plain

【概要】

開催名:奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり ー 大立山まつり2019
開催期間:2019年(平成31年)1月26日(土)・27日(日)
開催時間:26日(土)11:00~19:00、27日(日)11:00~18:00
開催場所:平城宮跡(平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば)
所在地:〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南3丁目4
入場料:無料
お問い合わせ先:0742-27-8974 (「大立山まつり」実行委員会)
公式サイト:奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり<大立山まつり2019>
交通アクセス:

  • 「JR奈良駅西口」、または「近鉄大和西大寺駅」南口から会場直結の無料シャトルバスあり。(15~20分間隔で運行予定)
  • 「近鉄大和西大寺駅」から徒歩約20分。
  • 「近鉄奈良駅」又は「JR奈良駅西口」から【ぐるっとバス 平城宮跡ルート】乗車、「朱雀門ひろば」下車すぐ(最終便は、近鉄奈良駅初16:05、JR奈良駅西口発16:12となっています)
  • 「近鉄奈良駅」「JR奈良駅西口」「近鉄新大宮駅」から奈良交通バス「(160系統)学園前駅」乗車、「朱雀門ひろば前」下車すぐ
  • 「近鉄学園前駅」から奈良交通バス「高畑町」行き乗車、「朱雀門ひろば前」下車すぐ
  • 「近鉄大和西大寺駅」北口から奈良交通バス「JR奈良駅西口」行き乗車、「佐紀町大極殿」下車、徒歩約10分
  • 「JR奈良駅西口」又は「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「大和西大寺駅」行き乗車、「佐紀町大極殿」下車、徒歩約10分
  • 平城宮跡へのアクセスは、【奈良公園・平城宮跡 アクセスナビ】も御覧下さい。

駐車場:イベント来場者の駐車場はございません。ご来場は、公共交通機関をご利用ください。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

和スイーツ 奈良県 吉野のくずきり 黒蜜つき 国内産 竹筒 押し棒付属 のし対応
価格:3780円(税込、送料別) (2019/1/13時点)

楽天で購入