ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

万葉歌の世界を存分に堪能【奈良県立万葉文化館「冬の万葉日本画展 大亦観風『万葉集画撰』を辿る」」】(明日香村)

奈良県立万葉文化館で、「冬の万葉日本画展 大亦観風『万葉集画撰』を辿る」が開催されます。

万葉文化館では、2004年(平成16年)に開館3周年記念特別展として「万葉を描いた画家 大亦観風展―生誕110年―」を開催し、観風の生涯と画業の全貌を紹介されました。
本展では、その際に出品した観風の『万葉集画撰』全71図(当館蔵)を一挙に公開します。

万葉集をこよなく愛した画家、大亦観風。観風は1894年(明治27年)、和歌山県和歌山市に生まれ、郷里で洋画を学び、画家を志して上京、その後日本画に転向して独自の画風を切り拓かれました。また、自らも歌を詠み、万葉集をこよなく愛した歌人でもありました。

同展では、歌人として、画家として活躍した観風が画と書を手がけた『万葉集画撰』全71点を一挙に公開します。
同館蔵の「万葉日本画」との比較展示などを通して、画と書、万葉歌の世界を存分に堪能できる内容となっています。

ぜひ、この機会に奈良県立万葉文化館を出かけてみましょう。

f:id:revival2018:20181228225545p:plain

【概要】

展覧会名:冬の万葉日本画展 大亦観風『万葉集画撰』を辿る
開催期間:2019年(平成31年)1月12日(土)~3月3日(日)
開館時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)     
休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
会場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
所在地:〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
観覧料:一般 800円、大学・高校生 500円、小・中学生以下無料
※20名以上の団体は2割引き。 
主催:奈良県立万葉文化館
お問い合わせ先:0744-54-1850 (奈良県立万葉文化館)
公式サイト:奈良県立万葉文化館
交通アクセス:

  • 近鉄南大阪線&橿原線&吉野線「橿原神宮前駅」東口又は近鉄吉野線「飛鳥駅」から、明日香周遊バス(かめバス・約20分弱)乗車、「万葉文化館西口」下車すぐ
  • JR万葉まほろば線&近鉄大阪線「桜井駅」南口から、石舞台行きバス(約20分)乗車、「万葉文化館」下車すぐ

駐車場:無料。普通車109台、バス7台収容可能(※バスは事前予約が必要です)