ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

喜光寺「弁天堂神影 宇賀神像(秘仏)特別開扉」(奈良市)

奈良市の喜光寺は、奈良時代の高僧、行基菩薩が養老5年(721年)に創建しました。東大寺大仏建立のための布教活動の拠点とした寺と伝えられています。

また、行基菩薩はこの寺で入滅しました。本堂は、東大寺造営の際の大仏殿の雛型として建てられたとの伝承から「試みの大仏殿」と呼ばれています。

蓮の名所として知られ、6月中旬~8月中旬には250鉢の蓮が境内を華やかに彩ります。

本堂は、東大寺大仏殿建立の際に参考にされたという伝承から“試みの大仏殿”と呼ばれています。

『喜光寺縁起』には鎌倉時代に西大寺の興正菩薩叡尊上人によって弁天堂が建立され、宇賀神像を祀ったことが記されています。
財運円満・五穀豊穣の神である宇賀神を夏のロータスロードとお正月の初詣の期間だけ、ご開扉しております。
夏には弁天堂のある弁天池にも睡蓮が咲き、美しい情景が参詣者の目を喜ばせています。

f:id:revival2018:20180604214105p:plain

【概要】

開催名:弁天堂神影 宇賀神像(秘仏)特別開扉
開催期間:2019年(平成31年)1月1日(火・祝)~1月15日(火)
拝観時間:9:00~16:00
※蓮の開花時期の7月中の土日・祝日は7:00 ~ 16:30
※最終受付は16:00
会場:喜光寺
所在地:〒631-0842 奈良市菅原町508
拝観料:

[個人」高校生以上500円、中学生以下300円
[団体(30名以上)]高校生以上450円、中学生以下270円
※未就学児は無料。
※《奈良市老春手帳(ななまるカード)》を受付で提示の場合は無料。
ただし、ロータスロードの期間中は有料
お問い合わせ先:0742-45-4630
公式サイト:奈良喜光寺 公式サイト | 行基菩薩の涅槃の寺 蓮の花と小さな大仏殿
交通アクセス:

  • 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」・JR大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」西口・近鉄奈良線「新大宮駅」から奈良交通バス「学園前(南)」(160系統もしくは161系統)行き乗車、「阪奈菅原」下車すぐ
  • 近鉄奈良線「学園前」南口より「高畑町」行き乗車、「阪奈菅原」下車すぐ
  • 近鉄奈良線&京都線&橿原線「大和西大寺」駅から徒歩20分
  • 近鉄橿原線「尼ケ辻」駅から徒歩10分

駐車場:10台(無料)