ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

吉野神宮「元旦祭」(吉野町)

奈良県吉野町にある吉野神宮は、第九十六代後醍醐天皇を祭神とされています。
後醍醐天皇の御偉業を深くお偲びになられた明治天皇が、明治22年吉野神宮の御創立を仰せだされました。

正北面して建てられ、流れ造りの本殿、入母屋造りの拝殿 、切妻造りの神門、それを取り囲む塀など昭和の神社建築を代表する建物です。
吉水神社から移された天皇像は、後村上天皇が彫ったものと伝えられています。

毎年1月1日には、元旦祭が8:00から執り行われます。
当日は0:00に開門し、かがり火に火が入ります。
0:00~2:00及び10:00~17:00の時間帯、参集殿で太平記ゆかりの後醍醐天皇笠置遷幸の絵馬が一般公開されます。
また、有料ですが吉野葛湯の接待も予定されています。

f:id:revival2018:20181217103741p:plain

【概要】

開催名:元旦祭
開催日:2019年(平成31年)1月1日(火)
開催時間:8:00 ~
拝観時間:
[通常の拝観時間]8:30~17:00
1月2日と3日は10:00~17:00
会場:吉野神宮
所在地:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山3226
拝観料:無料
お問い合わせ先:0746-32-3088
関連サイト:

交通アクセス:近鉄吉野線「吉野神宮駅」より駅前の大鳥居を通って坂道を約1km、徒歩約20分。またはタクシー。
駐車場:有り

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】奈良のお米のお届け便 10kg×1年分
価格:200000円(税込、送料無料) (2018/12/17時点)

楽天で購入