ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

文化財修理に関する博物館の取り組みについて紹介【奈良国立博物館 特集展示「新たに修理された文化財」】(奈良市)

奈良国立博物館にて、特集展示「新たに修理された文化財」が開催されます。

長い歴史を経て今に伝わる文化財は、その多くが過去に人の手による修理を受けながら大切に保存されてきたものです。
奈良国立博物館では、これらの文化財をさらに未来へと継承していくために、彫刻・絵画・書跡・工芸・考古の各分野の収蔵品(館蔵品・寄託品)について毎年計画的に修理を実施されています。

本特集展示は、近年修理を受けた収蔵品の中から選りすぐった作品を展示公開し、あわせてその修理内容をパネルで紹介するものです。
この展示を通じて、文化財修理に関する博物館の取り組みについて、関心と理解を一層深められる機会になりそうです。

期間中は、特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」が開催されています。毎年恒例の、おん祭の歴史と祭礼の様子を紹介する恒例の企画です。

今回は、華やかな風流行列の様子を描く絵巻を展示するとともに、祭礼に参加する大和士(やまとざむらい)の潔斎(けっさい)の場であった大宿所(おおしゅくしょ)について取り上げ、また祭礼でにぎわう江戸時代の奈良町の様子も紹介されます。

f:id:revival2018:20181210103948p:plain

【概要】

展覧会名:特集展示「新たに修理された文化財」
開催期間:2018年(平成30年)12月26日(水)~2019年(平成31年)1月20日(日)
※特別陳列「おん祭と春日信仰の美術」 2018年(平成30年)12月11日(火)~2019年(平成31年)1月20日(日)
開館時間:09:00~17:00
※ 金・土曜日は午後8時まで(12月28日、29日を除く)
※ 12月17日(月)は午後7時まで
※ 入館は閉館の30分前まで
休館日:12月25日(火)・1月1日(火・祝)・1月7日(月)・1月15日(火)
会場:奈良国立博物館 西新館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50
料金:
[一般]520円、団体(20名以上)410円
[大学生]260円、団体(20名以上)210円
〈備考〉

  • 高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。 
  • 子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]・開館時間延長日の午後5時以降に観覧される方[レイト割引]は、団体料金が適用になります。 
  • この観覧料金で、同時開催の特集展示「新たに修理された文化財」(西新館、12月26日より開催)、名品展「珠玉の仏教美術」(西新館、12月11日より開催)・「珠玉の仏たち」(なら仏像館)・「中国古代青銅器」(青銅器館)もご覧いただけます。 
  • おん祭お渡り式の日〔12月17日(月)〕はどなたでも無料でご覧になれます。 
  • 12月22日(土)にご夫婦で入館される方は半額となります。[夫婦の日割引] 
  • 成人の日〔1月14日(月・祝)〕は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料となります。 
  • 2019年(平成31年)1月2日(水)~5日(土)に春日大社で配布される小型チラシをご持参の方は、この4日間に限りおん祭展を含む新館の展示及び、なら仏像館・青銅器館を無料でご観覧いただけます。

 

主催:奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会
お問い合わせ先:奈良国立博物館(ハローダイヤル)050-5542-8600
公式サイト:奈良国立博物館
交通アクセス:

  • 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から登大路を東へ徒歩約15分
  • JR大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
  • 近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

駐車場:専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奈良時代の塑造神将像 [ 奈良国立博物館 ]
価格:24840円(税込、送料無料) (2018/12/10時点)

楽天で購入