ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

かがり火を囲みながらかぎろひの出現を待つ【第47回かぎろひを観る会 in かぎろひの丘万葉公園】(宇陀市)

今年で47回目を数える歴史ある催し「かぎろひを観る会」が開催されます。

「ひむがしの野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」
692年(持統6年)の旧暦11月17日に柿本人麻呂が詠んだ秀歌にちなみ、かがり火を囲みながらかぎろひの出現を待ちます。

かぎろひとは厳寒の晴れた早朝、夜明けの1時間前に空を染め上げる陽光のことと、宇陀市観光協会では考えています。
今回も歴史講話やミニコンサートなど、さまざまな催しを行います。焚火を囲みながら、かぎろひが出るのを待ちましょう!

時を越えて記紀万葉のロマンに浸ることができるひと時を楽しみに参加してみましょう。

【主な内容】

  • 万葉歴史講話:テーマ「神武東征」講師・高城修三先生
  • 中央公民館にて壁画「阿騎野の朝」特別公開
  • ミニコンサート:MANANA&Akariによる音楽と舞
  • 阿騎野朝市(万葉公園)

f:id:revival2018:20181206150048j:plain

f:id:revival2018:20181206150117j:plain

【概要】

開催名:第47回かぎろひを観る会
開催日:2018年(平成30年)12月23日(日・祝)
開催時間:04:00~07:00
開催場所:かぎろひの丘万葉公園
所在地:〒633-2166 宇陀市大宇陀迫間25番地
入場料:無料
主催者:宇陀市観光協会
お問い合わせ先:0745-82-2457 (宇陀市観光協会)
交通アクセス:近鉄大阪線「榛原駅」より奈良交通バス「大宇陀」行き乗車、「大宇陀高校前」下車、徒歩3分
駐車場:有り(乗用車 10台、バス 2台/無料)