ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

太古の大自然に囲まれた古刹【室生寺 陀羅尼会】(宇陀市)

室生寺は、古来より聖域とされてきた室生山中の古刹です。
女人高野とも呼び親しまれ、石楠花など四季折々の自然に包まれる山岳寺院です。

創建は明らかではありませんが、寺伝によれば奈良時代、天武天皇の発願により役小角が創建し、その後、空海が真言宗の道場の一つとして再興したと伝えられています。
また、「続日本紀」では、777年(宝亀8)年、山部親王(後の桓武天皇)の病気平癒を願って、興福寺の大僧都賢璟ら浄行5人が室生山中で「延寿法」を修したところ病気は回復したそうでう。
その後、賢璟は、天皇の命を受け、室生山寺を創建したとされています。

平安時代の様式を伝える仏像が多く並び、金堂には本尊・釈迦如来立像、女性的な姿をした十一面観世菩薩立像〈ともに国宝〉には色彩が残されています。

12月12日には、僧侶による法要「陀羅尼会(だらにえ)」が執り行われます。

f:id:revival2018:20181129093703p:plain

【概要】

開催名:陀羅尼会(だらにえ)
開催期間:2018年(平成30年)12月12日(水)
拝観時間:14:00~
拝観料:
  • [個人]大人(中学生以上)600円、小学生400円
  • [団体割引(30名以上)]大人(中学生以上)500円、小学生300円
  • [障がい者割引(手長持参)]大人(中学生以上)400円、小学生300円、介添え者1名400円

※「重文 弥勒堂」は全面改修工事により、下記の期間は参拝できません。2017年(平成29年)7月20日~2019年(平成31年)3月末(予定)

会場:室生寺 本堂(灌頂堂)
所在地:〒633-0421 奈良県宇陀市室生78

お問い合わせ先:0745-93-2003 / 0745-93-2057
公式サイト:http://www.murouji.or.jp/
交通アクセス:近鉄大阪線「室生口大野駅」より奈良交通バス「室生寺」行き乗車、「室生寺」下車 徒歩5分
駐車場:有料。普通車100台、大型バス10台収容可能
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]仏像大好。室生寺・長谷寺・海龍王寺・聖林寺 編 [ 中嶋朋子 ]
価格:3287円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)
楽天で購入