ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

水墨画などで描かれた万葉の世界の絵巻物を展示【奈良町にぎわいの家 蔵展示・年末特別企画「万葉画家・岡橋萬帆展」】(奈良市)

奈良市の「奈良町にぎわいの家」にて、【蔵展示・年末特別企画「万葉画家・岡橋萬帆展」】が12月6日から開催されます。

岡橋萬帆(おかはしばんぽ)(1924~2001)は、日本画家として活動されていました。大和萬葉の風土や精神性を生涯の創作テーマとし、日本画に水墨を取り入れ新たな「万葉の世界」を発表し続けました。

奈良町にぎわいの家では、萬帆が亡くなった12月に企画展を毎年開催されています。4回目の開催となる今年の展示会では、絵巻物を中心に展示されます。

ラフなタッチで万葉歌や郷土の歴史風土を大いに楽しむ萬帆の姿のイメージが浮かぶ作品の数々です。

f:id:revival2018:20181123094042p:plain

【概要】

開催名:蔵展示・年末特別企画「万葉画家・岡橋萬帆展」
開催期間:2018年(平成30年)12月6日(木)~ 18日(火)
開館時間:09:00~17:00
休館日:水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
開催場所:奈良町にぎわいの家
所在地:〒630-8333 奈良市中新屋町5番地
入場料:無料
お問い合わせ先:奈良町にぎわいの家
[電話番号]0742-20-1917
[Eメール]nigiwainoie@gmail.com

公式サイト:奈良町にぎわいの家公式サイト-築100年の「ならまち」町家空間と節気の彩り
交通アクセス:

  • 近鉄奈良駅から徒歩約13分
  • JR奈良駅から徒歩約20分
  • 近鉄奈良駅またはJR奈良駅から奈良交通バス「市内循環内回り」または「市内循環外回り」乗車、「田中町」下車、徒歩5分。その時の交通事情にもよりますが、JR奈良駅からは、内回りのほうが早く到着することが多いです。
  • 近鉄奈良駅またはJR奈良駅から奈良交通バス「天理駅」または「下山」行き乗車、「福智院町」下車、徒歩5分
  • ぐるっとバス(土日祝日を中心に運行)乗車、『平城宮跡ルート「ならまち・なら工藝館」』または『奈良公園ルート「元興寺・ならまち」』下車、徒歩約5分。ぐるっとバスの詳細については、コチラのリンク先を御覧下さい。

駐車場:専用駐車場なし。有料駐車場に停めるか、公共交通機関をご利用ください。