ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

一年の実りを感謝する祭典。巫女の華麗な舞も披露【大神神社「新嘗祭・農産物品評会」】(桜井市)

桜井市の大神神社にて、今年1年の収穫に感謝する新嘗祭が行われます。毎年、農業従事者など多くの方が参列されています。

新嘗祭の起源は稲作が始まった弥生時代ともいわれ、『万葉集』にも新嘗(にいなめ)のことが詠われており、古代から民間でも収穫を感謝する儀礼が行われていたことがわかります。現在も宮中をはじめ全国の神社で祭典が執り行われています。

当日は収穫したばかりの初穂と新酒が神前に供えられ、宮司が祝詞を奏上し、あたりは厳かな雰囲気に包まれます。

続いて4人の巫女が神楽「磯城の舞」を奉納されます。鏡に見立てた白い輪が付いた榊を手に、雅楽に合わせて優雅な舞を披露します。

新嘗祭に合わせて、境内では第47回農林産物品評会も開催します。大和太ネギや結崎ネブカといった大和野菜などをはじめ、毎年、県内外から多くの農産物が出品され、即売会では行列ができるにぎわいを見せています。

f:id:revival2018:20181016212249p:plain

【概要】

行事名:新嘗祭・農産物品評会
開催期間:2018年(平成30年)11月23日(金・祝)
開催時間:
・新嘗祭:10:00 ~
・農産物品評会:13:00 ~
開催場所:大神神社
所在地:〒633-8538 奈良県桜井市三輪1422
拝観料:無料 ※境内にある宝物収蔵庫は有料(大人200円、高校生以下100円)
お問い合わせ先:0744-42-6633(大神神社)
公式サイト:【公式】三輪明神 大神神社 (おおみわじんじゃ)
交通アクセス:JR万葉まほろば線(桜井線)三輪駅より徒歩約5分
駐車場:普通車450台(通常無料、正月特別期間 1月1日~1月5日は500円)、バス駐車場有(要問い合わせ)