ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

幻の鉄道の歴史にふれる【大仏鉄道開業120周年記念ウォーク】(木津川市~奈良市)

明治時代、わずか9年間だけ奈良―加茂間を走っていた「大仏鉄道」。今年は開業120周年となります。奈良市と木津川市では、記念となるウォーキングイベントが12月1日に開催します。

大仏鉄道は、1898年(明治31年)4月に、鉄道会社「関西(かんせい)鉄道」の加茂駅(現:京都府木津川市)から大仏駅(現:奈良県奈良市)の区間が開通しました。
開業当時、終着駅の大仏駅は、東大寺大仏殿の最寄り駅として多くの参拝者や観光客が利用し、大いに賑わったと言われています。

翌年には、大仏駅から奈良駅へと路線が延伸され、観光の拠点は次第に奈良駅へと移っていきました。

明治40年に、加茂駅から木津駅を経由し奈良駅へ至る平坦なルートが開通すると、急坂の難所を抱える大仏鉄道は休止され、やがて廃線となりました。営業期間は、わずか9年となりました。

大仏鉄道の廃線跡には、当時から残る橋台や隧道など、様々な遺構が点在しており、開業当時の足跡を残しています。

現在、大仏鉄道の遺構をめぐるウォーキングルートは、「幻の大仏鉄道遺構めぐり」として、新日本歩く道100選にも選定され、ウォーキングを楽しむたくさんの方々に親しまれています。
紅葉が見頃な時期に、明治時代の情緒を感じながらコースを巡り、「幻」の鉄道の面影を感じてみませんか。

f:id:revival2018:20181109210457p:plain

【概要】

イベント名:大仏鉄道開業120周年記念ウォーク
開催日:2018年(平成30年)12月1日(土)
受付時間:09:30 ~ 10:15
天候:小雨決行(荒天中止)
集合場所:JR大和路線(関西本線)加茂駅東公園
所在地:〒619-1154 京都府木津川市加茂町駅東1丁目2−2[地図]
定員:250人(多い場合は抽選)
参加費:無料
持ち物:昼食、飲み物等は持参
コース: JR加茂駅~JR奈良駅(約13km)各遺構で、大仏鉄道研究会等による定点ガイドを行います。
お申し込み方法:往復はがきに参加者全員の住所、氏名(ふりがな)、生年月日、性別、電話番号、返信宛名面に代表者の宛先を記入し、奈良市観光戦略課または木津川市観光商工課へ。はがき1枚につき5人まで申し込み可。
送付先:

  • 奈良市観光戦略課
    〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1番1号
  • 木津川市観光商工課
    〒619-0286 京都府木津川市木津南垣外110番地9

申込期限:2018(平成30)年11月20日(火)必着
参加特典:ゴール地点のJR奈良駅東口の総合観光案内所前では、抽選会・農産物などの販売を実施されます。
・抽選会(ウォーキング参加者対象)開催時間:15:00 〜
・農産物などの販売(どなたでも購入可能)開催時間:13:00 〜 16:00
お問い合わせ先:奈良市観光経済部 観光戦略課 [TEL]0742-34-4739[FAX]0742-35-6822
公式サイト:「大仏鉄道開業120周年記念ウォーク」開催! - 奈良市