ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

素足で火渡りをして災難除けを祈る【大日寺 火渡り式】(吉野町)

奈良県吉野町の「大日寺(だいにちじ)」は、大海人皇子(後の天武天皇)ゆかりの法城で、役行者(えんのぎょうじゃ)の高弟・日雄角乗(ひのうかくじょう)を初代とする日雄寺(ひのうじ)があった跡地と云われています。

吉野山で最古の寺院と言い伝えもあり、大日如来を中心とした藤原時代の代表作である重文の木造五智如来坐像(国指定重要文化財)を祀っています。

また、大塔宮の身代わりとなって壮烈な最期を遂げた村上義光・義隆親子の菩提所でもあります。

11月23日には、毎年恒例の「火渡り式」が開催されます。
紫燈大護摩供のあと、13:00〜山伏による気迫のこもった「火渡り」が始まります。この儀式は、焚いた護摩木の上を素足で歩き災難除けの祈りを行うというものです。
一般の参拝者も体験でき、毎年多くの人で賑わっています。

近隣の吉野山の紅葉が美しい季節に開催されます。

f:id:revival2018:20181106105801p:plain

【概要】

開催名:火渡り式
開催日:2018年(平成30年)11月23日(金・祝)
開催時間:13:00 ~
開催場所:大日寺
所在地:〒639-3115 奈良県吉野郡吉野町吉野山2357
拝観料:大人400円、中高生200円
お問い合わせ先:0746-32-4354 (大日寺)
関連サイト:大日寺|吉野山観光協会
交通アクセス:

  • 近鉄吉野線「吉野駅」から徒歩約40分
  • ロープウェイ「吉野山駅」から徒歩約20分

駐車場:なし