ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

幻想的で幽玄の世界【等彌神社「献灯祭」&「紅葉ライトアップ」】(桜井市)

奈良県桜井市にある等彌(とみ)神社は、『延喜式神名帳』に掲載されていて、大和国城上郡等彌神社に比定されています。明治時代までは、能登宮と呼ばれていました。

本社にあたる上社「上津尾社」の祭神は大日霊貴命とされていますが、饒速日命とする説も存在します。
下社「下津尾社」には八幡大神・春日大神が祀られ、その他稲荷、猿田彦、金比羅、愛宕、恵比寿等の境内社と桜井市護国神社が鎮座されています。

創建年月は不詳ですが、社伝によると当社は古より鳥見山に鎮座していたとされています。
ちなみに、鳥見山は初代天皇とされる神武天皇が皇祖神を祀った場所(霊畤)と伝えられています。
1112年(天永3年)に、山崩れにより社殿を現在地に移しました。1940年(昭和15年)、県社に列格しました。

一歩境内に入りますと、その荘厳さには身が引き締まる気持ちになります。見所も多く、山頂にある霊時まで、いい空気をいっぱい吸っての登拝(行きかえり約1時間)がおすすめです。

四季それぞれの景観も素晴らしく、秋には紅葉のライトアップなどのイベントも企画され、神社に親しめる機会を提供されています。

11月20日には献灯祭が開催されます。さらに、20日から26日まで、紅葉ライトアップが行われます。
毎年、約100本の色づいたモミジなどが照らされて、非常に美しい彩りとなります。また、境内の桃神池の水面に映る「逆さ紅葉」も、幻想的で見応え充分です。

f:id:revival2018:20181022142311p:plain

【概要】

開催期間:

・献灯祭:2018年(平成30年)11月20日(火)
・紅葉ライトアップ:2018年(平成30年)11月20日(火)~ 26日(月)
開催時間:17:00 ~
会場:等彌(とみ)神社
所在地:〒633-0091 桜井市桜井1176
拝観料:志納
お問い合わせ先:(等彌神社)0744-42-3377
公式サイト:http://www7b.biglobe.ne.jp/~yn118/index.html

交通アクセス:

  • JR万葉まほろば線(桜井線)&近鉄大阪線「桜井駅」から徒歩15分
  • JR万葉まほろば線(桜井線)&近鉄大阪線「桜井駅」から奈良交通バス「談山神社」行き乗車、「神之森町」下車、徒歩2分

駐車場:無料。約40台収容