ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

遣唐使の歴史を感じ、色鮮やかな菊を鑑賞【天平菊絵巻~文化・芸術の伝来~ 】(奈良市)

10月27日(土)~11月4日(日)までの9日間、奈良時代にスポットをあてた新たなイベントとして、遣唐使ゆかりの菊人形や菊装飾による「天平菊絵巻~文化・芸術の伝来~」が行われます。

奈良時代に唐に派遣された遣唐使には、「あまの原 ふりさけ見れば 春日なる みかさの山に いでし月かも」の望郷の歌を詠んだ阿倍仲麻呂をはじめ、律令政治や仏教の発展に大きな役割を果たした吉備真備や玄昉らがいました。
遣唐使節団に選ばれた人々は、神聖な御蓋山の麓で航海の無事を神に祈り出立、長きにわたる唐での研鑽の後、平城宮に多くの文物を持ち帰り、その結果、国際色豊かな天平文化が開花しました。

会場は、遣唐使ゆかりの地である「 御蓋山(みかさやま)会場」(奈良春日野国際フォーラム甍)と「平城宮会場」(平城宮跡朱雀門ひろば)をメイン会場とし、猿沢池そばの猿沢インでも菊花を展示します。

また、御蓋山会場ではオープニングとして、第70回正倉院展の開催に合わせ、正倉院宝物であるゆかり楽器の演奏も行います。

期間中は、ぐるっとバスを毎日運行しており、11月3日、4日はメイン会場間を結ぶ直行ルートも運行します。

遣唐使ゆかりの会場における色鮮やかな菊鑑賞等を通じ、遣唐使の歴史に触れられる機会となりそうです。

f:id:revival2018:20181017103711j:plain

【概要】

開催名:天平菊絵巻 ~文化・芸術の伝来~
開催期間:2018年(平成30年)10月27日(土)~ 11月4日(日)

開催時間・会場及び所在地:

  • 御蓋山会場(奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~)
    開催時間:10:00 ~ 17:00
    所在地:〒630-8212 奈良市春日野町101[地図]
  • 平城宮会場(平城宮跡朱雀門ひろば)
    開催時間:09:00 ~ 17:00
    所在地:〒630-8012 奈良県奈良市二条大路南3丁目4[地図]
  • 猿沢イン
    所在地:〒630-8361 奈良県奈良市池之町3[地図]

お問い合わせ先:0742-27-8677(奈良公園文化クラスター準備実行委員会)
公式サイト:天平菊絵巻を開催します!/奈良県公式ホームページ

交通アクセス:

  • 御葢山会場(奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~)
    ・近鉄奈良駅2番出口より徒歩約25分
    ・JR奈良駅または近鉄奈良駅より奈良交通バス「春日大社本殿」行き「奈良春日野国際フォーラム甍前」下車すぐ。または「市内循環(外回り)」「高畑町」「藤原台」行きなどに乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」下車、大仏殿交差点東へ徒歩6分
    ・JR奈良駅西口または近鉄奈良駅から【ぐるっとバス】「奈良公園ルート」乗車、「奈良春日野国際フォーラム甍前」下車すぐ。
    駐車場:なし
  • 平城宮会場(平城宮跡朱雀門ひろば)
    ・近鉄大和西大寺駅から 徒歩約20分
    ・「近鉄奈良駅」又は「JR奈良駅西口」から【ぐるっとバス 平城宮跡ルート】乗車、「朱雀門ひろば」下車すぐ(最終便は、近鉄奈良駅発16:05、JR奈良駅西口発16:12となっています)
    ・「近鉄奈良駅」「JR奈良駅西口」「近鉄新大宮駅」から奈良交通バス「(160系統)学園前駅」乗車、「朱雀門ひろば前」下車すぐ
    ・近鉄学園前駅から奈良交通バス「高畑町」行き乗車、「朱雀門ひろば前」下車すぐ
    ・近鉄大和西大寺駅北口から奈良交通バス「JR奈良駅西口」行き乗車、「佐紀町大極殿」下車、徒歩約10分
    ・「JR奈良駅西口」又は「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「大和西大寺駅」行き乗車、「佐紀町大極殿」下車、徒歩約10分
    平城宮跡へのアクセスは、【奈良公園・平城宮跡 アクセスナビ】も御覧下さい。
    駐車場:なし
  • 猿沢イン
    ・近鉄奈良駅から徒歩約10分
    ・JR奈良駅から徒歩約15分
    駐車場:近隣に有料駐車場あり
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天の原 ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂 [ すずき 大和 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/10/17時点)

楽天で購入