ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

日本三文殊の1つとして親しまれる安倍文殊院の法要行事【安倍文殊院 十一面観音法要】(桜井市)

奈良県桜井市の安倍文殊院は、大化の改新(645年)に創建された日本最古に属する寺院です。

華厳宗東大寺の別格本山としてその格式も高く、御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩で、日本最大(7m)、鎌倉時代の1203年に仏師・快慶によって造立されました。獅子に乗り4人の脇侍を伴う、渡海文殊群像の5像全てが国宝です。

入試合格祈願や学業成就、厄除け魔除け祈願を願う人々のお参りが多く見られます。

また、開運弁才天、安倍仲麻呂公、安倍晴明公の御尊像、方位災難除けの九曜星が安置される境内の金閣浮御堂は、霊宝館として内陣参拝でき、季節によって様々な寺宝を見ることもできます。

11月3日は、10時から弘法大師法要、11時から12時まで十一面観音の大法要が行われます。

f:id:revival2018:20180824100729p:plain

【概要】

開催名:十一面観音法要
開催日:2018年(平成30年)11月3日(土・祝)
開催時間:
・10:00 ~ 弘法大師法要
・11:00 ~ 12:00 十一面観音の大法要
開催場所:安倍文殊院
所在地:〒633-0054 奈良県桜井市阿部645
料金:
・本堂(お抹茶付き)大人(中学生以上)700円、小学生500円
・浮御堂(お守り+おさめ札付き)大人(中学生以上)700円、小学生500円
・2ヶ所共通 大人(中学生以上)1200円、小学生800円
お問い合わせ先:0744-43-0002
公式サイト:安倍文殊院
交通アクセス:
JR万葉まほろば線(桜井線)&近鉄大阪線「桜井駅」より
・タクシー5分
・徒歩約20分
・桜井駅南口から奈良交通バス「石舞台」行き乗車、またはコミュニティバス「桜井駅北口」行き乗車、「安倍文殊院」下車1分
・桜井駅北口からコミュニティバス「桜井駅南口」行き乗車、「安倍文殊院」下車1分
駐車場:有料、300台収容可能(乗用車 500円、バス 2,000円)