ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

【奈良市写真美術館「入江泰吉「古都奈良の文化財~興福寺~」展」&「野村恵子×古賀絵里子「Life Live Love」展」】

奈良市高畑町の「入江泰吉記念奈良市写真美術館」にて、【入江泰吉「古都奈良の文化財~興福寺~」展】と【野村恵子×古賀絵里子「Life Live Love」展】が開催されます。

入江泰吉「古都奈良の文化財~興福寺~」展

奈良には日本文化の原点ともいうべき天平文化の数々が今に伝えられています。
栄枯盛衰の歴史をくぐり抜けた多くの社寺の建築美と四季折々に見せてくれる多彩な風景は、奈良特有の美しい歴史的景観を形成しています。それは日本文化が誇る文化の財産として次世代に引き継がれるべきものです。

このたび「古都奈良の文化財」がユネスコ世界遺産に登録されて20周年を迎えます。さらに興福寺では長年の悲願であった中金堂が完成し落慶法要が執り行われます。
これらを記念し、古都奈良の風景を象徴する堂塔のある風景や今に護り伝わる天平や鎌倉時代の仏像群を中心に入江作品で紹介します。

野村恵子×古賀絵里子「Life Live Love」展

気鋭の女性写真家である野村恵子と古賀絵里子を取り上げ紹介する写真展です。ありふれた日常のなかで生と死を見つめ、生きている世界の風景と光景がいかに尊く愛おしいのかを二人の視点で撮られた写真群で感じることができます。

それら写真群は若い世代のみならず幅広い多くの方々に感動や共感を呼び起こし、新たな写真の魅力を引き出しています。
今回は、これまでに発表してきた作品と今回新たに撮りおろした新作を交えて紹介し、二人の個性がぶつかり織り成す「Life Live Love」の世界をご覧いただけます。

f:id:revival2018:20180816173014j:plain

【概要】

展覧会名:
・入江泰吉「古都奈良の文化財~興福寺~」展
・野村恵子×古賀絵里子「Life Live Love」展
開催期間:2018年(平成30年)10月26日(金)~ 12月24日(祝・月)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜(祝日の場合は翌日)
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館
所在地:〒630 - 8301 奈良県奈良市高畑町600-1
入館料:
・一般 500円、高校・大学生 200円(高校生のみ土曜日無料)、小・中学生 100円(土曜日無料)
・奈良市在住の70歳以上の方 無料身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方(要手帳)とその介護者 無料
・団体(20名以上) 2割引
お問い合わせ先:0742-22-9811 (入江泰吉記念奈良市写真美術館)
公式サイト:入江泰吉記念奈良市写真美術館
関連サイト:野村恵子-Keiko NOMURA Official Web Site-
関連サイト:古賀絵里子 | Photographer
主催:入江泰吉記念奈良市写真美術館・一般財団法人奈良市総合財団
協力:興福寺
交通アクセス:JR西日本大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」または近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から、奈良交通バス「市内循環外回り」「藤原台」「山村町」「高畑町」「鹿野園町」「中循環外回り」「北野」「佐保短期大学」行きのいずれかに乗車、「破石(わりいし)町」下車、徒歩東へ10分
駐車場:収容可能台数39台(内2台身障者用)
[料金]1時間以内無料(以降1時間毎300円・最大900円)

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古色大和路 入江泰吉の心象風景 [ 入江泰吉 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2018/10/3時点)

楽天で購入