ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

平成最後の開催【奈良国立博物館「第70回 正倉院展」】(奈良市)

奈良国立博物館で毎年開催されている「正倉院展」は、昭和21年(1946)に始まり、今年で70回目を迎えます(昭和24、34、56年は東京で正倉院宝物を公開)。

奇しくも平成最後の開催となる本年の正倉院展には、北倉10件、中倉16件、南倉27件、聖語蔵(しょうごぞう)3件の、合わせて56件の宝物が出陳されます。そのうち10件は初出陳を含みます。正倉院宝物の全体像がうかがえる内容となっておりますが、平成25年度から27年度まで3年間にわたって宮内庁正倉院事務所によって実施された麻製品に関する特別調査の成果を反映した構成となっている点が特筆されます。

聖武天皇ゆかりの平螺鈿背八角鏡(へいらでんはいのはっかくきょう)をはじめ、沈香木画箱(じんこうもくがのはこ)、玳瑁螺鈿八角箱(たいまいらでんはっかくのはこ)、犀角如意(さいかくのにょい)など、珍貴な素材を惜しげもなく使い、技術の粋を尽くした華麗な工芸品が目を楽しませてくれることでしょう。

また、朝鮮半島に存した王国・新羅(しらぎ)に関する宝物が多数出陳されるのも注目されます。 

近年の様々な成果を反映した平成最後の正倉院展を、宝物を伝えた奈良の地でお楽しみください。

f:id:revival2018:20180930100535j:plain

f:id:revival2018:20180930100550j:plain

【概要】
展覧会名:第70回 正倉院展
開催期間:2018年(平成30年)10月27日(土)~ 11月12日(月)
開館時間:09:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(10月27日・28日、11月2日・3日・4日・9日・10日・11日)は午後8時まで 
休館日:
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50
料金:
[一般]当日1,100円、前売・団体1,000円、オータムレイト800円
[高校生・大学生]当日700円、前売・団体600円、オータムレイト500円
[小学生・中学生]当日400円、前売・団体300円、オータムレイト200円
[親子ペア]前売1,100円
※団体は責任者が引率する20名以上です。
※前売券の販売は、9月12日(水)から10月26日(金)まで、奈良国立博物館観覧券売場、プレイガイド、コンビニエンスストア(一部)等にて販売いたします。
※親子ペア観覧券は、一般1名と小・中学生1名がセットになった割引観覧券です。前売のみで、販売は主要プレイガイド、コンビニエンスストア(一部)に限ります。(奈良国立博物館観覧券売場では販売していません。)
※オータムレイトチケットは、月曜日~木曜日の午後4時30分以降、金曜日・土曜日・日曜日・祝日の午後6時30分以降に使用できる当日券です。当館当日券売場でのみ、月曜日~木曜日は午後3時30分より、金曜日・土曜日・日曜日・祝日は午後5時30分より販売します。  
※障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
※本展の観覧券で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます。
※奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円、職員の方は団体料金でお求めいただけます。観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
主催:奈良国立博物館
協賛:岩谷産業、NTT西日本、関西電気保安協会、キヤノン、京都美術工芸大学、近畿日本鉄道、JR東海、JR西日本、シオノギヘルスケア、ダイキン工業、大和ハウス工業、白鶴酒造、丸一鋼管、大和農園特別協力 読売新聞社
協力:NHK奈良放送局、奈良テレビ放送、日本香堂、仏教美術協会、ミネルヴァ書房、読売テレビ
お問い合わせ先:奈良国立博物館(ハローダイヤル)050-5542-8600
公式サイト:第70回正倉院展|奈良国立博物館
関連サイト:正倉院展:読売新聞(YOMIURI ONLINE)
関連サイト:正倉院 - 宮内庁
交通アクセス:
・近鉄奈良駅下車、登大路を東へ徒歩約15分
・JR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
駐車場:専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

正倉院美術館ザ・ベストコレクション [ 米田雄介 ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2018/9/30時点)

楽天で購入