ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

天平建築の貴重な遺構【榮山寺「本尊・薬師如来坐像特別開扉」】(五條市)

奈良県五條市にある榮山寺(えいさんじ)にて、「本尊・薬師如来坐像特別開扉」が開催されます。

こちらのお寺は、清楚な美しさの八角円堂など多数の文化財が伝わる名刹です。
719年(養老3 年)藤原不比等の長男・藤原武智麻呂が氏寺として創建されました。音無川(吉野川)を眼下に望み、藤原南家の菩提寺として鎌倉時代になるまで栄華をほしいままにしました。

金箔が鮮やかに残る寄木造の本尊・薬師如来坐像(重文)が特別公開されます。天平時代を代表する八角円堂〈国宝〉内陣の柱や天蓋には壁画(重文)が施され、天平建築の中でも法隆寺夢殿と並ぶ貴重な遺構となっています。

f:id:revival2018:20180421214017j:plain

【概要】
開催名:本尊・薬師如来坐像特別開扉(重文)
開催期間:2018年(平成30年)10月25日(木)~ 11月25日(日)
拝観時間:9:00 ~ 17:00
会場:榮山寺
所在地:〒637-0031 奈良県五條市小島町503
拝観料:高校生以上400円、中学生以下無料
公式サイト:榮山寺 | 五條市
交通アクセス:
・JR西日本和歌山線「五条駅」から徒歩25分
・JR西日本和歌山線「五条駅」から奈良交通バス「八木駅(南)」行き特急バス「栄山寺口」下車、徒歩10分。本数が少ないためバス時刻を事前にご確認ください。(奈良交通 電話:0742-20-3100)
駐車場:普通車10台(無料)、バス2台程度(無料)収容可能