ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

日本に現存する八角円堂で、最も美しいと賞賛される【興福寺 北円堂特別開扉(無著像・世親像)】(奈良市)

日本最古の巡礼道「西国三十三所」の草創1300年を記念して、関西の寺院で「特別拝観」が開催されています。

この行事にちなんで、奈良市の世界遺産・興福寺の北円堂が特別開扉されます。北円堂は、興福寺の建造物のなかでも、屈指の国宝です。

日本に現存する八角円堂のうち、最も美しいと賞賛されるこの堂は、興福寺創建者藤原不比等の一周忌にあたる養老5年(721)8月に、元明(げんめい)太上天皇と元正(げんしょう)天皇がお建てになりました。
伽藍(がらん)の中では西隅に位置しますが、ここは平城京を一望の下に見渡すことのできる一等地で、平城京造営の推進者であった不比等(ふひと)の霊をなぐさめる最良の場所です。

特別開扉期間中は、運慶一門による本尊の弥勒如来坐像や、無著・世親菩薩立像など、鎌倉彫刻最高峰の名品を一堂に拝観することができます。

f:id:revival2018:20180925094019p:plain

【概要】
開催名:北円堂特別開扉(無著像・世親像)(国宝など)
開催期間:2018年(平成30年)10月20日(土)~ 11月11日(日)
開催時間:09:00 ~ 17:00(受付~16:45)
開催場所:興福寺 北円堂
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町48
拝観料:大人300円、中高生200円、小学生100円
お問い合わせ先:(興福寺)TEL 0742-22-7755 / FAX 0742-23-1971
公式サイト:法相宗大本山 興福寺
交通アクセス:
・近鉄奈良駅から徒歩約5分
・JR奈良駅から徒歩約15分
・JR奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」「天理駅」「高畑町」「春日大社本殿」「県庁前」行きなどに乗車、「県庁前」下車すぐ
駐車場:有り(普通車46台、バス16台)
・普通車1,000円、バス2,500円、マイクロバス2,500円、タクシー500円、回送(乗降のみ)1,000円

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西国三十三所 草創1300年納経帳 特別印専用ページあり
価格:2600円(税込、送料別) (2018/9/25時点)

楽天で購入