ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

【八柱神社 題目立】は国の重要無形文化財とユネスコ無形文化財にも登録されている民俗芸能です(奈良市)

奈良市上深川町の八柱神社(やはしらじんじゃ)にて、題目立(だいもくたて)が行われます。

こちらの神社の祭神は、古く八王子社と称されていました。祭神は、高御産日神・神産日神・玉積日神・足産日神・事代主神・大宮売日神・生産日神・御食津神の八神をお祀りしています。
奈良市小倉町の同じ名前の神社、八柱神社と同様の八神が祀られています。

題目立は、秋祭の宵宮で奉納される神事です。17歳の若者が中心となって謡う所作や動作をほとんど伴わず、能の源流をなす民俗芸能として、国の重要無形民俗文化財に指定されおり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。

毎年10月12日夜、氏神の八柱神社の宵宮に催されていますが、古くから1回の中絶もなく伝えられています。
「厳島」「大仏供養」「石橋山」と源平合戦を題材にした3曲の台本が遺されています。

音楽も所作も伴わず、独特の節回しで語られる素朴なもので、語りものが舞台化した初期の形を伝えている点が珍しく、中世の芸能の姿をうかがわせるものです。
宮座の元服行事と芸能のまじりあった古風で優雅な民俗行事で、遠方より多くの参拝客が訪れます。

f:id:revival2018:20180920095039p:plain

【概要】
開催期間:2018年(平成30年)10月12日(金)
開催時間:19:00 〜 21:00
会場:八柱神社
所在地:〒632-0102 奈良市上深川町511
お問い合わせ先:0742-34-5369(奈良市文化財課) 
駐車場:有り(無料)