ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

約300年受け継がれている獅子舞を奉納【門僕神社 秋祭り】(曽爾村)

奈良県の曽爾村にある「門僕神社(かどふさじんじゃ)」で、秋祭りが行われます。毎年、体育の日の前日に行われる、曽爾村の氏神である門僕神社の例祭です。
奈良県無形民俗文化財の指定を受けた曽爾の獅子舞が奉納されます。

こちらの神社は、獅子舞が有名な神社で延喜式神名帳に大和国宇陀郡十七座のうち1つと記載されています。
創建が雄略天皇の御代にまで遡る由緒ある古社です。境内には、葉っぱにギンナンの実がなるという不思議なイチョウの木があり、県の天然記念物に指定されています。

門僕神社の獅子舞は1718年(享保3年)、徳川吉宗の時代に、大字長野の人たちが伊勢の国に行って、伊勢大神楽(いせだいかぐら)を習ってきた所に由来します。
伊勢大神楽の特徴は、アクロバットつまり曲芸的な舞い方と言われています。現在の研究者の話では、曽爾の獅子舞いが最もこの伊勢大神楽の原点に近い形で残っていると高く評価されています。

多くの見物客が取り囲む中心で演じられる様子は一種独特の雰囲気があります。
奉舞、神前舞、悪魔払い、参神楽、獅子踊、接ぎ獅子、荒舞の一連の曽爾の獅子舞は、種類の豊富さと質の高さが評価され、昭和54年に「奈良県指定無形民俗文化財」に指定されました。

f:id:revival2018:20180918100428p:plain

【概要】
開催日:2018年(平成30年)10月8日(月)
開催時間:08:00 ~ 12:00
会場:門僕神社
所在地:〒633-1212 奈良県宇陀郡曽爾村今井733
関連サイト:曽爾村観光協会
交通アクセス:
・近鉄大阪線「榛原駅」から奈良交通バス「曽爾村役場前」乗車、終点下車すぐ
・近鉄大阪線「名張駅」西口から三重交通バス「山粕西」行き乗車、「曽爾横輪」下車、徒歩3分 
駐車場:有り(無料)