ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

クレパスの画材の魅力を感じる【奈良県立万葉文化館 特別展「クレパス画名作展」】(明日香村)

奈良県立万葉文化館で、特別展「クレパス画名作展」が開催されます。

クレパスは大正14年(1925)に桜クレィヨン商会(現サクラクレパス)が開発した日本生まれの画材です。幼児教育や学校教育とともに全国に普及したため、幼児向け画材という印象を持たれがちですが、実際には多様な表現が可能な画材でもあります。

サクラアートミュージアムには、著名な画家が描いたクレパス作品が収蔵されています。それらの作品からは、伸びやかな線描や厚く塗りこめた重厚な色面、写実表現や抽象表現などクレパスという画材の持つ豊かな可能性が見て取れます。

本展覧会では、サクラアートミュージアム所蔵のクレパス画作品から130点を展示します。

岡本太郎、山下清など、多くの作家が手がけたクレパス画の名作を一挙に公開します。今年の秋期特別展では、岡本太郎、山下清、熊谷守一、山本鼎、小磯良平、船越桂、加山又造といった、昭和の画壇で活躍した巨匠から現代作家まで、多くの作家が手がけたクレパス画の名作を一挙に公開します。

芸術の秋に本展覧会を通して、クレパスという画材の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

f:id:revival2018:20180917225657p:plain

【概要】
展覧会名:特別展 クレバス画名作展
開催期間:2018年(平成30年)10月6日(土)~ 12月16日(日)
開館時間:午前10時~午後5時30分(入館は午後5時まで)     
休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)
会場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
所在地:〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
観覧料:一般 800円、大学・高校生 500円、小・中学生以下無料
※20名以上の団体は2割引き。 
主催:奈良県立万葉文化館、産経新聞社
協力:サクラアートミュージアム、株式会社サクラクレパス、株式会社ターレンスジャパン、株式会社アムス
お問い合わせ先:0744-54-1850 (奈良県立万葉文化館)
公式サイト:奈良県立万葉文化館
交通アクセス:
・近鉄南大阪線&橿原線&吉野線「橿原神宮前駅」東口又は近鉄吉野線「飛鳥駅」から、明日香周遊バス(かめバス・約20分弱)乗車、「万葉文化館西口」下車すぐ
・JR万葉まほろば線&近鉄大阪線「桜井駅」南口から、石舞台行きバス(約20分)乗車、「万葉文化館」下車すぐ
駐車場:無料。普通車109台、バス7台収容可能(※バスは事前予約が必要です)