ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

手向山八幡宮で最も大きな祭礼【手向山八幡宮・東大寺転害門「転害会(てがいえ)」】(奈良市)

転害会は、毎年10月5日に行われる、手向山八幡宮で最も大きな祭礼です。同神社が奈良時代、東大寺境内に祭られて以来の古い歴史を持つ祭りです。

転害門での祭式が中心となるので、この名がついたという説があります。当日は、同神社の神体で明治の神仏分離の際に東大寺へ移された国宝の僧形八幡像が、東大寺八幡殿で特別開扉されます。
僧形八幡神坐像は、元は手向山八幡宮にあったもので、明治維新後の廃仏棄釈によって東大寺へ移されました。

手向山八幡宮境内で神事を行った後、正倉院の西側にある東大寺転害門(てがいもん)に場所を移し、神輿(みこし)を迎える神事や東大寺の僧侶による法会などが行われます。
これは、奈良時代に八幡神が入京した際、神輿を転害門に下ろしたことに由来し、この門をお旅所としていたそうです。

f:id:revival2018:20180913220005p:plain

【概要】
開催名: 転害会
開催期間:2018年10月5日(金)
開催場所:手向山八幡宮・東大寺転害門
所在地:(手向山八幡宮)〒630-8211 奈良市雑司町434[地図]
所在地:(東大寺転害門)〒630-8211 奈良市雑司町406-1[地図]
拝観料:無料
お問い合わせ先:0742-23-4404(手向山八幡宮) 
公式サイト:転害門|参拝のご案内|華厳宗大本山 東大寺 公式ホームページ
交通アクセス:
[手向山八幡宮]
・JR奈良駅または近鉄奈良駅より奈良交通バス「市内循環外回り」などに乗車、「大仏殿春日大社前」下車、徒歩約15分
・近鉄奈良駅から徒歩約25分
[東大寺転害門]
・JR奈良駅西口または近鉄奈良駅から奈良交通バス「青山住宅」または「州見台八丁目」などに乗車、「手貝町」下車、徒歩約3分
・近鉄奈良駅から徒歩約25分
駐車場:近隣に有料駐車場あり。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映像で見る奈良まつり歳時記 [ 武藤康弘 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/9/13時点)

楽天で購入