ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

眼鏡に感謝し、諸願成就を祈念【壷阪寺 大眼鏡法要】(高取町)

奈良県高市郡高取町の壺阪寺は、西国六番の札所で、創建は文武天皇の頃の703年(大宝3年)に、法相大徳弁基上人の開基で、建立されました。
正式名称を壷阪山南法華寺といい、長谷寺とともに古くから観音霊場として栄えた名刹です。

36堂60余坊の大伽藍も、4回の火災で焼失し、現在の建物は文政10年(1827)に建立されたものです。
三重の塔は礼堂と共に、国の重要文化財。本尊は千手観音、「日本感霊録」のなかにこの壺阪観音の信仰によって開眼されたという説話があり、これをもとに浄瑠璃「壺坂霊験記」が創作され、一躍有名になりました。

昭和58年に開眼された大観音立像は、高さ20m、重さ1,200トンもあり天竺渡来であちます。また、平成19年には、総高15m(台座含)の天竺渡来大釈迦如来石像が開眼されました。

毎年秋には「大眼鏡法要」が行われます。大眼鏡をくぐり、眼鏡に感謝し、諸願成就を祈念いただけます。

f:id:revival2018:20180912111213p:plain

【概要】
開催名:大眼鏡奉納(だいめがねほうのう)
開催期間:2018年10月1日(月)~ 12月18日(火)
開催時間:08:30 ~ 17:00(受付~16:30)
開催場所:壺阪寺
所在地:〒635-0102 奈良県高市郡高取町壷阪3
拝観料:
[個人]大人600円、高校生以下100円、5歳以下無料
[団体割引(大人のみ)]31名以上450円、51名以上400円
※障がい者手帳をご提示の方は無料になります(障がい者1名様に付き添い介助の方1名様まで含む)
お問い合わせ先:0744-52-2016 (壺阪寺)
公式サイト:眼病封じのお寺・お里沢市の霊蹟 西国霊場第六番・神仏霊場奈良25番 壷阪寺
交通アクセス:近鉄吉野線「壷阪山」駅から奈良交通バス「壷阪寺前」行き乗車、「壷阪寺前」下車すぐ
駐車場:有料。80台収容(駐車料金:普通車500円)