ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

南都随一といわれた庭園で、中秋の名月【名勝旧大乗院庭園「観月の夕べ」】(奈良市)

寛治元年(1087年)に創建された興福寺の門跡寺院、大乗院の庭園跡である名勝旧大乗院庭園で「観月の夕べ」が行われます。

旧大乗院庭園は室町時代、将軍足利義政の同朋衆であり、作庭の第一人者であった善阿弥により作庭されました。
室町時代には、公家たちがしばしば訪れて庭景を楽しんだとされ、「南都随一の名園」と称されました。

「観月の夕べ」では、お茶席などの催しもあり、中秋の名月が楽しめます。文化館では大乗院の復元模型や資料展示などが見学できます。

夜間特別公開される庭園で、悠久の時の流れとともに中秋の名月をお楽しみください。

f:id:revival2018:20180908005417p:plain

【概要】
イベント名:観月の夕べ(かんげつのゆうべ)
開催日:2018年(平成30年)9月24日(月・祝)
開催時間:17:30~20:30、お茶席/~20:00まで ※小雨決行
会場:名勝旧大乗院庭園
所在地:〒630 - 8301 奈良県奈良市高畑町1083-1
料金:夜間入園料/300円、お茶席/650円(入園料含む、60席まで)
お問い合わせ先:(名勝大乗院庭園文化館)0742-24-0808
公式サイト:イベント | 名勝 旧大乗院庭園 | 奈良ホテル | 公式サイト Nara Hotel Official Site
主催:名勝旧大乗院庭園管理協議会
交通アクセス:「JR奈良駅」または「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「天理駅」「下山」「窪之庄」行きのいずれかに乗車、「奈良ホテル」または「福智院町」下車、徒歩3分
駐車場:なし。近隣に有料駐車場あり。