ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良の街が映画に包まれる【第5回なら国際映画祭 2018】(奈良市)

9月20日~24日の5日間、奈良市内の各会場にて、「第5回なら国際映画祭 2018」が開催されます。主な会場は、奈良県文化会館、ならまちセンター、奈良国立博物館、ホテルサンルート奈良、春日大社などで行われます。

f:id:revival2018:20180902004411p:plain

「なら国際映画祭」は、奈良の平城遷都1300年目となる2010年、映画作家の河瀬直美氏をエグゼクティブディレクターに迎えて始まりました。
2年に1回開催される映画祭の企画運営の他、国内外の若手監督と奈良を舞台とした映画制作や、こども・海外学生とのワークショップ、奈良市内を移動する映画館「ならシネマテーク」など、映画の魅力を伝える数々のプロジェクトを実施しています。

「なら国際映画祭2018」のオープニングセレモニーに、加藤雅也さん、石橋静河さん、町田啓太、田中要次さん、白川和子さんら豪華キャスト陣が登壇することも決定しました!

第5回目となる今年は、「Re:Creation」をテーマに掲げ、今まで以上に人と人を結ぶクリエイティブな場所を目指し開催される予定です。
また、約1700本の中から厳正な選考を経た世界の若手作家の作品8本を一挙上映されます。
観客を含めた審査員による観客賞と、最高賞「ゴールデンSHIKA賞」が用意されています。
審査員長は2007年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞したクリスティアン・ムンジウ監督が務めます。

過去も未来も現在も。日本の記憶装置としてながらえてきた奈良という土地を想う。それは現在もなお継続しています。
世界各国から人や映画が集まる。1300年の古都から、コトが起こる奇跡を一緒に体験しませんか。

f:id:revival2018:20180902004442p:plain

【概要】
開催名:第5回 なら国際映画祭 2018
開催期間:2018年(平成30年)9月20日(木)~ 24日(月)
会場:奈良県文化会館、ならまちセンター、奈良国立博物館、ホテルサンルート奈良(尾花座)、春日大社
公式サイト:なら国際映画祭 2018 | Nara International Film Festival 2018(上映スケジュールやチケット料金については、こちらの公式サイトを御覧下さい。)
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/naraiff/

f:id:revival2018:20180902003946p:plain

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】河瀬直美ドキュメンタリーDVD-BOX 【DVD】
価格:13036円(税込、送料無料) (2018/9/2時点)