ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良で愛された劇場の一端を紹介【奈良市史料保存館「企画展示 尾花座-芝居小屋から映画館へ-」】(奈良市)

奈良市の史料保存館にて、「企画展示 尾花座-芝居小屋から映画館へ-」が開催されます。

尾花座は、明治30年代には開業していた奈良でも老舗の劇場です。奈良町にあった芝居小屋のひとつで、明治・大正と歌舞伎・浄瑠璃・浪曲・落語などの諸芸能を上演し、大正・昭和には映画館として奈良の人びとに愛されました。

近世以来、都市の人口増加が進み、多くの人が町で暮らすようになるなかで、人びとの娯楽の場として各地に芝居小屋ができました。奈良町にも近世から近代にかけていくつか芝居小屋がつくられて、歌舞伎をはじめ、さまざまな興行が行われました。

明治42年(1909)の建物の大改修後は、当時人気の歌舞伎や演劇などを上演しました。大正9年(1920)からは、映画館「尾花劇場」として、昭和54年(1979)の閉館まで、多くの話題作、名画を上映して人々を楽しませました。

その後、映画はテレビの普及などで衰退を余儀なくされますが、近年は各地で映画祭が行われるなど、文化としての映画の価値を再評価する動きが広がっています。奈良でも今年9月20日から5日間「奈良国際映画祭2018」が開催されます。

今回の展示では、芝居小屋から映画館へと奈良町の娯楽の中心地のひとつとして、多くの人に愛された尾花座に残る芝居と映画関係の史料約30点を展示して、奈良の大衆文化史の一端を紹介されています。

f:id:revival2018:20180831094824j:plain

【概要】
開催期間:2018年(平成30年)7月24日(火)~ 10月8日(月・祝)
開館時間:9:30 ~ 17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、9月18日(火)・25日(火)(祝日は開館)
会場:奈良市史料保存館
所在地:〒630-8337 奈良県奈良市脇戸町1−1
入館料:無料
お問い合わせ先:0742-27-0169(FAXはありません)
公式サイト:奈良市史料保存館へようこそ! - 奈良市
交通アクセス:
[徒歩]
・近鉄奈良駅から徒歩10~15分
・JR奈良駅から徒歩15~20分
[バス]
〈近鉄奈良駅または、JR奈良駅から〉
・奈良交通バス「福智院町」下車、徒歩約10分。
・奈良交通バス「市内循環内回り」乗車、「北京終町」下車、徒歩約8分。
・ぐるっとバス(土・日・祝日を中心に運行)奈良公園ルート「ならまち」、平城宮跡ルート「ならまち・なら工芸館」下車徒歩約5分。(ぐるっとバスの詳しい運行ルート・カレンダー はこちらから)
〈近鉄奈良駅から〉
奈良交通バス「中循環」乗車、「南袋町」下車、徒歩約6分。
駐車場:なし。ならまちセンター前駐車場、またはならまち大通り周辺のコインパーキングをご利用ください。

【 展示関連イベント】
開催名:奈良町にぎわいの家出張展示「タイムトラベル奈良町~尾花座~」
開催日:2018年(平成30年)9月15日(土)
開催時間:午後2時~4時
解説:午後2時から約30分
会場:奈良町にぎわいの家
所在地:〒630-8333 奈良県奈良市中新屋町5[地図]
費用:無料(申込不要)
内容:企画展示「尾花座-芝居小屋から映画館へ-」展にあわせて、奈良町にぎわいの家で、展示に関連した史料の一部を出張展示し、史料保存館の館員が史料の解説を行います。
交通アクセス:
[徒歩]
・近鉄奈良駅から徒歩13分
・JR奈良駅から徒歩20分
[バス]
〈近鉄奈良駅またはJR奈良駅から〉
・奈良交通バス「市内循環内回り」乗車、「田中町」下車、徒歩5分
・奈良交通バス「天理駅」または「下山」行き乗車、「福智院町」下車、徒歩4分
・ぐるっとバス(土日祝日を中心に運行)ならまち・なら工藝館バス停から徒歩5分
駐車場:なし