ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良に春を告げる行事【薬師寺「修二会花会式」】

奈良市の世界遺産・薬師寺にて、修二会(花会式)が行われます。修二会とは奈良の大寺が国家の繁栄と五穀豊穣、万民豊楽などを祈る春の行事です。

8世紀から行われていましたが、1107年(嘉承2年)の修二会に堀河天皇が皇后の病気平癒を祈願し、回復した皇后が感謝の心を造花に込めて供えたことをきっかけに、毎年造花が献花されるようになり、花会式と呼ばれるようになったそうです。
修ニ会とある通り、この法要は2月に行われるのですが、薬師寺の場合は旧暦の2月末に行われていた事から、そのまま新暦に直して3月25日から3月31日にかけて行われています。

春先に東大寺二月堂に修二会お水取りという俗称がついたように、薬師寺修二会には十種の造花がご本尊に供えられるところから「花会式」と呼ばれ、奈良に春を告げる行事として長年親しまれています。

花会式の法要のスタイルは非常に特徴的で、法要は初夜[しょや]・半夜[はんや]・後夜[ごや]・晨朝[じんぢょう]・日中[にっちゅう]・日没[にちもつ]の合計6回の法要を、十人の練行衆と呼ばれる僧が不眠不休で行います。
実際の法要は、初夜・半夜と、後夜・晨朝と、日中・日没の2回分の法要を朝、昼、夜の3回に分けて行う形になります。
中でも圧巻なのは初夜・半夜の行であると言えます。

ちなみに、「練行衆(れんぎょうしゅう)」とは、花会式(修二会)に参篭する僧のことを言います。
最終日の3月31日の夜には「鬼追式[おにおいしき]」が法要の結願[けちがん]を飾ります。

f:id:revival2018:20180325105106j:plain

【概要】
開催名:修二会花会式(修二会薬師悔過法要)
開催期間:2018年(平成30年)3月25日(日)~ 3月31日(土)
拝観時間:08:30~17:00 ※但し拝観締切16:30
開催場所:薬師寺金堂
所在地:〒630-8563 奈良県奈良市西ノ京町457
お問い合わせ先:0742-33-6001(薬師寺)
公式サイト:奈良薬師寺 公式サイト|Yakushiji Temple Official Web Site

【特別展】
・平山郁夫画伯奉納「大唐西域壁画」特別公開(3/1~6/30)於:玄奘三蔵院伽藍
・田渕俊夫画伯奉納「阿弥陀三尊浄土図」特別公開(3/1~6/30)於:食堂
・中村晋也氏奉納「釈迦四相像」特別公開(3/1~6/30)於:西塔
・ご奉納屏風特別公開(3/25~3/31)於:東院堂
・大和椿盆栽会 椿盆栽展(3/25~3/31)於:玄奘三蔵院伽藍
・「噂の刀展Ⅲ」※拝観には別途500円が必要です(2/8~4/8)於:聚寶館

交通アクセス:
・近鉄橿原線「西ノ京駅」下車すぐ
・JR奈良駅から奈良交通バス「七条西町」行き乗車、「薬師寺」下車すぐ
駐車場:100台収容
・大型バス:2,200円
・マイクロバス:2,000円
・普通車:500円
・二輪車:100円