ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

運を開き、福を授かる【霊山寺「初辯天法会」】(奈良市)

奈良市にある霊山寺は、736年(天平8年)、聖武天皇の勅命で、行基が建立し、バラモン僧菩提僊那が地相がインド霊鷲山に似ているところから霊山寺と名付けたといわれる古寺です。鎌倉中期(1283年)に改築された本堂(国宝)には藤原時代作の薬師三尊像(重…

礼仏して罪過を懺悔(ざんげ)する【東大寺大仏殿「修正会」】(奈良市)

奈良市の世界遺産・東大寺大仏殿にて、「修正会」が執り行われます。 修正会は正月に祈修する法会(ほうえ)という意味で、古くから諸大寺で営まれてきたました。現在東大寺では、正月七日に金堂大仏殿でこの悔過(けか)の法会をお勤めしています。 「悔過…

大和文華館「特別企画展 新年を祝う―吉祥の美術―」(奈良市)

奈良市の大和文華館にて「特別企画展 新年を祝う―吉祥の美術―」が開催されます。 2019年最初の展覧会は年の初めに相応しい、おめでたい美術作品の数々が展示されます。 一富士二鷹三茄子は、初夢に見ると縁起の良いものです。 一年の始まりであるこの時期に…

率川神社「初戎祭」(奈良市)

率川神社は、593年(推古元年)に大三輪君白堤(おおみわのきみしらつつみ)が勅命によりお祀りした奈良市最古の神社です。 御祭神の媛蹈韛五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめのみこと)は、初代神武天皇(じんむてんのう)の皇后様で、ご聡明にして、よく内…

奈良市写真美術館【世界遺産登録20周年記念Ⅲ入江泰吉「古都奈良の文化財~総集編~」展】(奈良市)

奈良市高畑町の「入江泰吉記念奈良市写真美術館」にて、「世界遺産登録20周年記念Ⅲ入江泰吉「古都奈良の文化財~総集編~」展が開催されます。 1998年にユネスコ世界文化遺産に「古都奈良の文化財」が登録されて今年で20周年を迎えます。これを機に、世界に…

大和神社「御弓始祭」(天理市)

奈良県天理市にある大和神社(おおやまとじんじゃ)の御由緒は、2000余年前、日本大国魂大神(やまとおおくにたまのおおかみ)は大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)で、宮中内に天照大神と同殿共床で奉斎されましたが、第十代崇神天皇六年に天皇が神威を…

正暦寺「修正会」(奈良市)

奈良市の正暦寺は、992年(正暦3年)、一条天皇の発願により、関白九条兼家の子兼俊が創建しました。 10世紀創建の名刹といわれ、山の辺の道から山中に入ったところにあります。かつては86あった坊も、現在では、本堂、福寿院、坊舎跡に残る石垣のみが残って…

春日大社「神楽始式」(奈良市)

奈良市の世界遺産・春日大社にて、「神楽始式」が執り行われます。 社伝神楽の奉奏始めに御巫が秘曲である「神おろし」を奏し、また一臈の御巫が「千代まで」を奏して国家の安泰ならびに今年一年間、神楽の奉奏が恙なくご奉仕できるよう祈念します。 921年(…

春日大社「日供始式並興福寺貫首社参式」(奈良市)

奈良市の世界遺産・春日大社にて、「日供始式並興福寺貫首社参式」が行われます。 年中奉る朝夕の日供を年頭にあたって本年も恙なくご奉仕できるよう祈念し、大神様のご加護を願います。併せて当社とゆかりの深い興福寺の住職が、神前にて読経を行います。 …

當麻寺 中之坊「布袋尊百童子図屏風 弥勒菩薩画像 特別公開」(葛城市)

奈良県葛城市の當麻寺は、古代大和の西方に位置し、白鳳・天平様式の大伽藍を有する古刹です。當麻寺は推古天皇の時代の612年に、用明天皇第三皇子麻呂子親王が御兄である聖徳太子の教えによって創建されました。 最初は「萬法蔵院禅林寺」と号しましたが、…