2019年5月26日日曜日

数々の寺宝を公開!【安倍文殊院 金閣浮御堂霊宝館 夏の寺宝展】(桜井市)

奈良県桜井市の安倍文殊院は、天橋立の切戸文殊、山形の亀岡文殊とともに、日本三文殊の1つに数えられています。

創建は安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)と伝えられていて、当初は崇敬寺と呼ばれていました。本尊の文殊菩薩像(国宝)は快慶の作で、宋様式の傑作と伝えられ、高さは7mあり、文殊菩薩では日本最大です。

広い境内には、数々の史跡や建造物が建っています。本堂のやや東には、きわめて精巧な切石で築かれた石室をもつ文殊院西古墳があり、国の特別史跡に指定されています。ほかに文殊院東古墳もあります。

「金閣浮御堂霊宝館 寺宝展」では大変貴重な機会で、安倍仲麻呂公及び安倍晴明公の御尊像が祀られている、金閣浮御堂の内陣参拝ができます。堂内には晴明公の御軸や陰陽道に関する古文書、季節によって数々の寺宝を展示しています。

【概要】

開催名:金閣浮御堂霊宝館 寺宝展 夏の寺宝展
開催期間:2019年(令和元年)6月1日(土)~ 8月31日(土)
開催時間:9:00 ~ 17:00
会場:安倍文殊院
所在地:〒633-0054 奈良県桜井市阿部645
拝観料:
  • A. 本堂 国宝文殊菩薩(お抹茶・菓子付き)
    大人(中学生以上)700円 小学生500円
  • B. 金閣浮御堂霊宝館(七まいりおさめ札・お守り付き)
    大人(中学生以上)700円 小学生500円
  • A + B 二ヶ所共通拝観券
    大人(中学生以上)1200円 小学生800円
※その他詳細はお問合せのうえ、ご確認下さい。
お問い合わせ先:0744-43-0002
公式サイト:http://www.abemonjuin.or.jp/
交通アクセス:JR万葉まほろば線(桜井線)&近鉄大阪線「桜井駅」より
  • タクシー5分
  • 徒歩20分
  • 桜井駅南口から奈良交通バス「石舞台」行き乗車、またはコミュニティバス「桜井駅北口」行き乗車、「安倍文殊院」下車1分
  • 桜井駅北口からコミュニティバス「桜井駅南口」行き乗車、「安倍文殊院」下車1分
駐車場:300台(乗用車 500円、バス 2,000円)




0 件のコメント:

コメントを投稿