2019年5月29日水曜日

万葉集から選ばれた新元号「令和」。日本人なら知っておきたい万葉集。【「万葉集のこころ 日本語のこころ」渡部昇一】

「令和」や出典の『万葉集』にイチャモンつける人たちにも読ませたい!!
渡部昇一さんの“正論"
『万葉集』から選ばれた新元号「令和」

日本人なら知っておきたい『万葉集』
万葉・大和言葉によって日本人は作られた
日本人は「和歌の前に貧富貴賤女卑なし」

欧米人や近代人は個人生活においては「神の前で平等」「法の前の平等」を追求するだろう。しかし、日本人ははるか昔から「和歌の前に平等」を実現していたのだ。『万葉集』は、大伴家持が重要な役割を果たしているが、カースト的偏見はなく、農民、遊女の歌まで収録されている……。(本文より)
戦前の子供たちは、今よりはるかに多くの漢字を知っていた。そういう戦前の小学生たちが必ず唄わされた歌に、四大節の歌がある。「四大節」という言葉も死語同様になったが、一年のうちで最も大切な儀式が行われる四つの祝日のことである。四大節の歌はすべて大和言葉の歌であり、これをすべての児童が唄っていたということは、知らず知らず、どこかに古代の言霊に連なる感覚を、日本人みんなが共有することになっていたのではないだろうか。
さらに言えば、国歌の「君が代」もすべて大和言葉である。
(本文より)


0 件のコメント:

コメントを投稿