ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

空海ゆかりの寺【不空院 不空羂索観音菩薩坐像】(奈良市)

奈良市高畑町の春日山の麓にある不空院はその名が示す通り、春日山を背に不空羂索観音を本尊とする真言律宗の古刹です。 「大乗院寺社雑事記」などによりますと、不空院には奈良時代、中国から渡来された鑑真和上が住まわれたとの記述が残っています。また、…

【興福寺「南円堂特別開扉(不空羂索観音菩薩坐像)」ならびに「大般若経転読会」】(奈良市)

奈良市にある世界遺産・興福寺の南円堂にて、「南円堂特別開扉(不空羂索観音菩薩坐像)」ならびに「大般若経転読会」が行われます。 南円堂は、西国三十三所観音霊場の第九番札所です。813年(弘仁4年)に、藤原冬嗣(ふゆつぐ)が父内麻呂(うちまろ)の冥…

ロマンチックな祭典と迫力満点な練り歩き【宇太水分神社「うたの秋祭り」】(宇陀市)

奈良県宇陀市の宇太水分神社(うだみくまりじんじゃ)にて、「うたの秋祭り」が行われます。 この祭礼は、1200年あまりの歴史があり、一年に一度、宇太水分神社の速秋津彦命(男の神様)に惣社宇太水分神社速秋津姫命(女の神様)が渡御されるもので、神輿を…

日本最古の神社で年中行事の中で最も重要な祭典【石上神宮 例祭(ふるまつり)】(天理市)

奈良県天理市の石上神宮は、4世紀の創建といわれる、日本でも最古級の神社です。飛鳥時代の豪族、物部氏の総氏神とされ、健康長寿・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきました。 主祭神は、布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、御神体として…

世界の平安と全ての生命の共存共栄を願う【東大寺大仏殿「大仏さま秋の祭り・献茶式・慶讃能」 】(奈良市)

奈良市の世界遺産・東大寺大仏殿にて、「大仏さま秋の祭り・献茶式・慶讃能」が行われます。 毎年秋に行われる大仏さまのお祭りで、天平15年(743)10月15日に「世界が平安で動物(人間も含みます)も植物もあらゆる生命が共に栄えることを願って大仏様を造ろ…

【談山神社 秋の社宝特別展「響き合う日本刀-月山と多武峰-」】(桜井市)

奈良県桜井市の談山神社にて、【秋の社宝特別展「響き合う日本刀-月山と多武峰-」】が開催されます。 奈良県桜井市の「談山神社」は、藤原鎌足の遺骨を摂津国阿威山からこの地に改葬し、鎌足の長男定慧が木造十三重塔(重要文化財)を建てたことに始まりました…

百味の御食【談山神社 嘉吉祭】(奈良市)

奈良県桜井市の談山神社にて、嘉吉祭(かきつさい)が行われます。このお祭りは非常に効い歴史があり、室町時代に始まった祭典です。奈良県の無形民俗文化財に指定されています。 奈良県桜井市の「談山神社」は、藤原鎌足の遺骨を摂津国阿威山からこの地に改…

豪快に大茶碗で回し飲み【西大寺 大茶盛式】(奈良市)

奈良市にある、真言律宗・西大寺は765年(天平神護元年)、東の東大寺に対する西の大寺として、称徳天皇の勅願により建立されました。創建当時は南都七大寺の一つとして壮大な規模を誇ったものの、平安遷都や度重なる火災によって一時衰退しました。 鎌倉時…

初瀬の町中が神輿や太鼓台でにぎわう【與喜天満神社 例大祭(初瀬まつり)】(桜井市)

奈良県桜井市の與喜天満神社(よきてんまじんじゃ)にて、例大祭(初瀬まつり)が行われます。 長谷寺門前町を歩むと、正面に赤い鳥居の立つ緑濃い常緑樹の山容が、大きな存在感をもって参詣者を迎えてくれます。このお山が現在、国の天然記念物に指定されて…

大和路の秋を満喫【長谷寺「もみじまつり」「本尊大観音尊像秋季特別拝観」「秋季特別寺宝展」】(桜井市)

奈良県桜井市の長谷寺にて、「もみじまつり」が行われます。 長谷寺は、奈良県桜井市の初瀬(はせ)山の山腹にあり、賑やかな参道を抜け仁王門を潜ると、399段の登廊が本堂へと続いていきます。開山は西国観音巡礼を始めた徳道上人です。 この時期の長谷寺は…