2019年5月24日金曜日

基地の見学や隊員の訓練の成果を披露【航空自衛隊奈良基地祭】(奈良市)

6月1日に奈良県奈良市の航空自衛隊奈良基地にて、「奈良基地祭 2019」が開催されます。

このイベントは、日頃の訓練の成果を披露し、自衛隊の任務や活動について理解してもらおうと、毎年開催されています。
当日は、幹部候補生による一糸乱れぬ観閲行進訓練や音楽隊による祝賀演奏、装備品展示等を予定しています。

主なイベント内容は、
  • 観閲式訓練展示
  • 展示飛行
  • 自衛隊装備品展示
  • 音楽隊による演奏会(整理券配布)
  • お子様向けイベント(一部整理券配布)
  • 地上展示機及び資料館の見学
などの予定となっています。

普段はなかなか入れない、航空自衛隊奈良基地の魅力に触れられる機会です。

【概要】

イベント名:航空自衛隊奈良基地祭
開催日:2019年(令和元年)6月1日(土)
開催時間:9:00 ~ 15:00、荒天時中止
会場:航空自衛隊奈良基地
所在地:〒630-8522 奈良県奈良市法華寺町1578
入場料:無料
お問い合わせ先:航空自衛隊奈良基地広報室 TEL:0742-33-3951
公式サイト:https://www.mod.go.jp/asdf/nara/index.html
交通アクセス:
当日は、臨時バスが運行されます。
<行き>
  • JR奈良駅西口(15)のりば → 近鉄奈良駅(13)のりば → 航空自衛隊 / 運賃210円
    9:00~13:00の間、約15~30分間隔で運行します。
  • 西大寺駅(1)のりば → 航空自衛隊 / 運賃240円
    9:00~13:00の間、約15~30分間隔で運行します。
<帰り>
  • 航空自衛隊 → 近鉄奈良駅 → JR奈良駅西口 / 運賃210円
    10:30~15:00の間、臨時バス(近鉄奈良駅のみ停車)を約15~30分間隔で運行します。
  • 航空自衛隊 → 西大寺駅 / 運賃240円
    10:30~15:00の間、臨時バス(途中停留所には停まりません)を、約15~30分間隔で運行します。
臨時バスの詳細については、こちらの奈良交通公式サイト内のページを御覧下さい。
[その他の交通手段]
  • 近鉄奈良線&京都線&橿原線「大和西大寺駅」から奈良交通バス「JR奈良駅西口」行き乗車、「航空自衛隊」下車すぐ。
  • JR大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」西口または近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から奈良交通バス「大和西大寺駅」行き乗車、「航空自衛隊」下車すぐ。
駐車場:なし。公共交通機関をご利用ください。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
自衛隊防災BOOK [ 自衛隊/防衛省 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/5/23時点)

2019年5月23日木曜日

微笑ましい鹿の親子に癒される【特別公開 「子鹿公開 ~赤ちゃん鹿 大集合!~」】(奈良市)

奈良の動物といえば、鹿をイメージされる方が沢山いると思います。
春日大社創建の768年(神護景雲2年)、武甕槌命(たけみかづちのみこと)が白い鹿に乗って奈良の地に降り立って以来、神の使い「神鹿(しんろく)」として鹿たちは崇められてきました。このように、奈良は古くから鹿と深い繋がりがあります。

現在では、奈良市内の奈良公園やその周辺・山間部に生息する鹿たちは「奈良のシカ」の名称で天然記念物に指定され、いまも人々に大切にされています。
奈良公園にいる鹿の多くは人に慣れており、愛くるしい姿もよく見られます。

毎年6月1日~30日の一ヶ月間、国の天然記念物「奈良のシカ」の保護収容施設「鹿苑(ろくえん)」にて、『子鹿公開 赤ちゃん鹿大集合!』が開催されます。

奈良公園には約1,200頭の鹿が暮らしています。雌鹿は約700頭で、5月中旬~7月頃に出産シーズンを迎え、赤ちゃん鹿が誕生します(約200頭)。

この時期の人と鹿とのトラブルを防ぐため、妊娠しているお母さん鹿の一部(約200頭)を「鹿苑」に保護されています。赤ちゃん鹿がお母さん鹿と一緒に行動できるようになる7月中旬まで、可愛らしい子鹿の姿が眺められるように特別公開されます。

【概要】

イベント名:特別公開 「子鹿公開 ~赤ちゃん鹿 大集合!~」
開催期間:2019年(令和元年)6月1日(土)~ 30日(日)
開催時間:11:00 ~ 14:00(入場は13:30まで)
休日:毎週月曜日(3日・10日・17日・24日)
会場:鹿苑(ろくえん)子鹿公開会場
所在地:〒630-8212 奈良県奈良市春日野町160-1
料金:[一般]300円 [高校生以下]無料
※入場券は当日券のみで、会場入口前でお買い求めいただけます
※入場券の提示により当日の時間内まで再入場ができます
(最後の観覧時間のための再入場は13:30まで)
※愛護会会員は同伴1名まで無料
※障がい者手帳をお持ちの方・付添1名まで半額
主催:一般財団法人奈良の鹿愛護会
お問い合わせ先:0742-22-2388
公式サイト:https://naradeer.com/
交通アクセス:
  • JR大和路線(関西本線)&万葉まほろば線(桜井線)「奈良駅」または近鉄奈良線「奈良駅」から奈良交通バス「市内循環外回り」「高畑町」「藤原台」「山村町」「鹿野園町」行きのいずれかに乗車、「春日大社表参道」下車すぐ
  • 近鉄奈良線「奈良駅」から、徒歩約25分
駐車場:近隣に有料駐車場有り


2019年5月22日水曜日

緑に囲まれた仏様【東明寺 本尊薬師如来坐像(重文)特別開扉】(大和郡山市)

大和郡山市の東明寺は、舎人親王開基といわれています。平安時代の作と伝わる本尊の木造薬師如来坐像(重要文化財)が安置されています。
本堂のほかには、鎌倉時代の七重石塔が建ち。矢田丘陵の中腹に位置しています。本堂には本尊のほかに同じく平安時代作の毘沙門天立像、吉祥天女立像(ともに重要文化財)、寺宝に「雷様のヘソ」があります。

薬師如来坐像特別公開期間中に限り、予約不要で拝観できます。

【概要】

開催名:本尊薬師如来坐像(重文)特別開扉(重文など)
開催期間:2019年(令和元年)6月1日(土)~ 15日(土)
拝観時間:9:30 ~ 17:00
会場:東明寺
所在地:〒639-1058 奈良県大和郡山市矢田町2230
拝観料:300円
お問い合わせ先:0743-52-7320
公式サイト:http://toumyouji.com/
交通アクセス:

  • 近鉄橿原線「近鉄郡山駅」から奈良交通バス1番のりば発「(20系統)矢田寺前」行き、または「(71・72系統)小泉駅東口」行き乗車、「横山口」下車、徒歩約30分
  • JR大和路線「大和小泉駅」東口から奈良交通バス1番のりば発「(71・72系統)近鉄郡山駅」行き乗車、「横山口」下車、徒歩約30分

駐車場:有り

2019年5月21日火曜日

美しいアジサイと閻魔様を拝む【矢田寺 地蔵菩薩立像、閻魔堂特別公開】(大和郡山市)

大和郡山市の矢田寺は、美しいアジサイで知られ、「矢田のお地蔵さん」と親しまれるお寺です。

本尊は特徴ある地蔵菩薩立像(重文)で、右手には錫杖(しゃくじょう)を持たず親指と人さし指で輪をなしたそのお姿は「矢田型地蔵」と呼ばれています。
その他、諸尊や襖絵等が拝観できます。あわせて、閻魔像などを安置する閻魔堂も特別公開されます。

本堂特別拝観

本堂内陣には本尊・地蔵菩薩立像はじめ十一面観音立像、試みの地蔵尊、阿弥陀如来坐像(いずれも重要文化財)、ほか吉祥天女立像や板襖絵の十六羅漢像など、多数の文化財を拝観いただけます。

閻魔堂特別開扉

閻魔王は、死者の過去の罪を裁く十人の裁判官のひとりです。
閻魔堂には、閻魔王とその眷属(けんぞく)が祀られ、冥界での裁判の様子も 垣間見ることができます。
天秤は、罪の重さを測るためにあり、重石よりも人の罪が重ければ執行人の顔 から火が噴かれ、軽ければもう一つの顔からいい匂いがすると言われています。 また、天秤の後ろの鏡には過去の罪が映ると言われています。

【概要】

開催名:地蔵菩薩立像、閻魔堂特別公開(重文など)
開催期間:2019年(令和元年)6月1日(土)~ 6月30日(日)
拝観時間:9:30 ~ 16:30
会場:矢田寺
所在地:〒639-1058 奈良県大和郡山市矢田町3506
料金:
  • 本堂拝観料一律500円 ※別途入山料必要:中学生以上500円、小学生200円
  • [障害者割引]障害者手帳の提示により、有料期間中も無料(本人のみ)
  • 閻魔堂特別開扉(無料)
お問い合わせ先:0743-53-1531 (矢田寺)
公式サイト:矢田寺 大門坊ホームページ
交通アクセス:
近鉄橿原線「近鉄郡山駅」から奈良交通バス「矢田寺」行き乗車、終点下車徒歩約10分、または、「小泉駅東口」行き乗車、「横山口」下車徒歩約20分


2019年5月20日月曜日

はじめまして

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

こちらのサイトでは、奈良に関する情報を発信していきます。
観光、イベント、グルメ、お土産、書籍、グッズなど、様々な奈良の情報をご提供致します。

どうぞ、宜しくお願い致します。