ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

豪快に大茶碗で回し飲み【西大寺 大茶盛式】(奈良市)

奈良市にある、真言律宗・西大寺は765年(天平神護元年)、東の東大寺に対する西の大寺として、称徳天皇の勅願により建立されました。創建当時は南都七大寺の一つとして壮大な規模を誇ったものの、平安遷都や度重なる火災によって一時衰退しました。 鎌倉時…

初瀬の町中が神輿や太鼓台でにぎわう【與喜天満神社 例大祭(初瀬まつり)】(桜井市)

奈良県桜井市の與喜天満神社(よきてんまじんじゃ)にて、例大祭(初瀬まつり)が行われます。 長谷寺門前町を歩むと、正面に赤い鳥居の立つ緑濃い常緑樹の山容が、大きな存在感をもって参詣者を迎えてくれます。このお山が現在、国の天然記念物に指定されて…

大和路の秋を満喫【長谷寺「もみじまつり」「本尊大観音尊像秋季特別拝観」「秋季特別寺宝展」】(桜井市)

奈良県桜井市の長谷寺にて、「もみじまつり」が行われます。 長谷寺は、奈良県桜井市の初瀬(はせ)山の山腹にあり、賑やかな参道を抜け仁王門を潜ると、399段の登廊が本堂へと続いていきます。開山は西国観音巡礼を始めた徳道上人です。 この時期の長谷寺は…

世界最古の現役建築部材を間近で眺める【特別公開『世界遺産元興寺 国宝禅室 屋根裏探検』】(奈良市)

奈良市の元興寺にて「世界遺産元興寺 国宝禅室 屋根裏探検」が開催されます。今年の春にも開催されましたが、その時は平城京遷都1300年の2010年以来、8年ぶりの開催となりました。 古都奈良の文化財として世界文化遺産に登録されている通常非公開の国宝「禅…

美しい緑に囲まれた広場で盛り沢山のイベント内容【第17回橿原夢の森フェスティバル in 橿原神宮森林遊苑】(橿原市)

橿原市の橿原神宮森林游苑で、第17回橿原夢の森フェスティバルが開催されます。 畝傍山の麓に広がる 美しい緑に囲まれた広場で「全市民が主体性を持って参画する」という基本理念のもと、 平成13年(2001年)から橿原青年会議所と橿原市が中心となって毎年10月…

【八柱神社 題目立】は国の重要無形文化財とユネスコ無形文化財にも登録されている民俗芸能です(奈良市)

奈良市上深川町の八柱神社(やはしらじんじゃ)にて、題目立(だいもくたて)が行われます。 こちらの神社の祭神は、古く八王子社と称されていました。祭神は、高御産日神・神産日神・玉積日神・足産日神・事代主神・大宮売日神・生産日神・御食津神の八神をお祀り…

秋の収穫を祝い、神楽を奉納【村屋神社 秋祭り】(田原本町)

奈良県磯城郡田原本町にある村屋神社は、正しくは「村屋坐弥冨都比売神社(むらやにいますみふつひめじんじゃ)」と呼びます。 祭神の弥冨都比売命は、大物主命の妃であり、大神神社(三輪神社)の別宮でもあります。また縁結びの神社として知られています。…

約1,000基の燈籠の灯りで幻想的に彩られる【薬師寺 天武忌・万燈会(てんむき・まんとうえ)】(奈良市)

薬師寺の創建を発願した天武天皇の御忌日で大講堂に於て法要が厳修され、また約1,000基の燈篭に灯りをともす万燈会も行われます。小倉遊亀画伯が奉納された天武天皇・持統天皇、大津皇子の御絵像を大講堂にお祀りして、日本の精神文化を築かれた天武天皇の遺…

能楽の起源ともいわれている祭り【奈良豆比古神社 翁舞】(奈良市)

奈良市の奈良豆比古神社(ならずひこじんじゃ)は、光仁天皇の父施基皇子(志貴皇子)を祀る古社です。かつては奈良坂春日社と称していました。 毎年10月に「翁舞(おきなまい)」が行われます。春日王の病気平癒のため、この神社に第一皇子浄人と第二皇子安…

普段は見られない薬師如来坐像を拝観できる【法隆寺 西円堂奉納鏡奉納大般若経転読法要】(斑鳩町)

法隆寺では平成6年(1994年)より、西円堂にて毎年10月8日にこの奉納法要が厳修されています。 西円堂は僧行基が橘三千代(藤原不比等夫人、光明皇后の母)の病気平癒を祈って、堂と本尊の薬師如来坐像を創建したと伝えられています。また、「峰の薬師」と呼…