ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良県立美術館「奈良きたまちの古今拝見」で、魅力的なスポットをご紹介

奈良県奈良市にある奈良県立美術館で、1月28日(土)から3月25日(日)まで、1階のギャラリーにて「奈良きたまちの古今拝見」の展覧会が開催中です。

奈良きたまちエリアに点在する歴史的なスポットをパネルで紹介されています。美術館からすぐにお出掛けしたくなるオシャレなカフェや施設などをまとめた「きたまちジオラマ」の展示と、「奈良きたまち いいとこマップ」を無料配布されています。

奈良きたまちとは?

近鉄奈良駅から般若寺あたりまでの一帯をさす呼び名だそうです。奈良時代から近現代までの魅力的なスポットがいろいろ点在しています。
20171220115157-001
【概要】
開催期間:2018年(平成30年)1月27日(土)~3月25日(日)
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日 ※ただし2月12日(月曜日・振休)は開館、翌13日(火曜日)は休館
会場:奈良県立美術館 1階ギャラリー
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町10-6
入場料:無料
アクセス:
・近鉄奈良駅から徒歩約5分
・JR奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」等に乗車、「県庁前・興福寺下車」し、徒歩約5分

[連携イベント]
会期中に、奈良きたまちでちょっとオトクなサービスが受けられる「きたまちちょっとおトクなガイドブック」を館内に配備あれています。
ガイドブックで紹介するお店で「美術館シール」をもらい、引き換え期間中に当館でご提示いただくと、美術館でも特典が受けられます。

シリーズ講座
「奈良きたまち・古今を語る」
奈良県立美術館レクチャールーム 先着80人(当日受付)参加料:300円 予約不要
1.2月4日(日)11時から12時 般若寺副住職 工藤顕任師「高僧忍性と北山十八間戸」
2.2月11日(日)11時から12時 元若草中学校教員 北村雅昭氏「松永久秀と多聞城」
3.2月18日(日)11時から12時 奈良市史料保存館学芸員 桑原文子氏「東向北町が残した萬大帳」
4.2月25日(日)11時から12時 NPO法人文化創造アルカ理事長 倉橋みどり氏「奈良きたまちに松屋がいた!」
5.3月4日(日)11時から12時 春日中学校教頭 深澤吉隆氏「奈良奉行所の名奉行、川路聖謨」

お問い合わせ先:0742-23-1700
公式サイト:http://www.pref.nara.jp/item/190618.htm#moduleid44968

期間中、「伝統工芸企画展  赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器・・・悠久の美と技」が開催されています。詳細は、こちらのリンク先をご覧ください。