ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良県立民俗博物館「昔のくらし関連展「あたたまる道具」を開催」

「あたたまる道具 -冬のくらし- 」
冬に使われた「あたたまる道具」にスポットをあて、昔の冬のくらしを紹介する展示です。日常生活で必要な暖房器具や防寒具の紹介のほか、酒造りでの暖気樽の利用や、養蚕で用いられる養蚕火鉢などを通して、冬に行われた生業も紹介します。

【概要】
開催期間:平成29(2017)年12月16日(土曜日)~平成30(2018)年1月28日(日曜日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(1月8日は開館、9日休館)
会場:奈良県立民俗博物館 展示室
所在地:奈良県大和郡山市矢田町545番地
観覧料:
一般200(150)円/大学生等150(100)円 ※( )は20名以上の団体料金
高校生以下および65歳以上は無料/障がい者とその介助者1名は無料
アクセス:
・近鉄郡山駅より奈良交通バス「大和小泉駅東口」または「矢田寺前」行き乗車、「矢田東山」下車し徒歩約10分
・JR大和小泉駅東口より奈良交通バス「近鉄郡山駅」行き乗車、「矢田東山」下車し徒歩約10分
駐車場:無料
乗用車147台、バス5台、障害者優先3台
トイレ設備併設(障害者用有り)

【展示内容】
・あたたまる・・・湯たんぽ、火鉢・箱火鉢、コタツ、カイロ、炭入れ、簑(みの)など
・あたためる・・・暖気樽(だきだる)、酒燗器(さけかんき)、養蚕火鉢(ようさんひばち)など

【関連イベント】
(1)展示解説
日時:平成30年1月8日(月曜日・祝日)、1月14日(日曜日)各日午後1時~
場所:奈良県立民俗博物館 展示室
※事前申込不要/参加無料(博物館観覧料が必要)
(2)ワークショップ「体験!火をつかう道具/新春お正月あそび」
日時:平成30年1月8日(月曜日・祝日)午前10時~12時、午後1時30分~3時
場所:奈良県立大和民俗公園 旧臼井家住宅
※事前申込不要/参加無料
(3)ワークショップ「炭火アイロン体験&アイロンビーズ工作」
日時:平成30年1月14日(日曜日)午後1時30分~
場所:奈良県立民俗博物館 講義室
申込:平成29年12月19日(火曜日)午前9時から電話か博物館窓口で申し込み
定員:30名(定員に達し次第受付終了)/参加無料(博物館観覧料が必要)

お問い合わせ先
奈良県立民俗博物館 学芸課 溝辺(みぞべ)・茶谷(ちゃたに)
TEL:0743-53-3171/FAX:0743-53-3173

公式サイト:http://www.pref.nara.jp/item/189870.htm#moduleid39775
atatamarudougu-001