ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良国立博物館「特別陳列 おん祭と春日信仰の美術」&「名品展 珠玉の仏教美術」の観覧に行って来ました。

先日、奈良公園にある奈良国立博物館に行って来ました。
現在の展覧会は、「特別陳列 おん祭と春日信仰の美術」と「名品展 珠玉の仏教美術」が開催されています。
IMG_0385

IMG_0386

毎年、奈良市で行われるおん祭は、春日大社の摂社の春日若宮社の祭礼です。歴史の古い祭礼で、平安時代の保延2年(1136)9月17日に始まり、以降は絶やすことなく今日まで毎年開催されてきました。
後に祭日は移り変わりながらも、祭礼は古儀の伝統を守り続け、今年で882年目を迎えました。

現在は12月17日の毎年1日だけ、御旅所に遷座する若宮神の前では様々な芸能が奉納され、そして祭礼の参列者が御旅所へ向かう風流行列やお渡り式が行われ、冬の奈良の風物詩として定着しています。

そのお渡り式で使用される中太刀と小太刀が、博物館の入り口に展示されていました。
IMG_0387
 
伝統ある春日若宮おん祭の歴史と祭礼の様子を、絵画や文献史料、芸能資料等を通じて紹介されていました。若宮の歴史や春日大社の造替に関する資料もあり、おん祭の伝統や歴史、また様々な歴史の人たちがおん祭に関わってきた様子などが分かりました。

「名品展 珠玉の仏教美術」では、仏教に関する絵画・書跡・考古・工芸などの芸術品が展示されていました。仏の教えを記した経典、説話や縁起を題材にした絵巻、仏舎利や経典を収納する容器、堂内を飾る荘厳具、様々な儀式に用いられる品々、そして寺院跡や仏教遺跡から出土する遺物など、貴重な資料を鑑賞しました。

展示室を出て1階に降りてみますと、お渡し式で使用される風流傘が展示されていました。
IMG_0388

2018年1月14日(日)まで開催されています。
今回の展覧会についての詳細は、奈良国立博物館の公式サイト内のページをご覧下さい。