ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良県立橿原考古学研究所 附属博物館 特別陳列 十二支の考古学 -総集編-

毎年恒例となっています特別陳列『十二支の考古学』は、新しく迎える干支にちなんだ考古資料の展示を行って参りましたが、昨年度をもちまして一巡いたしまた。そこで、今回は総集編としてこれまでの展覧会を振り返り、十二支全体を対象とした展覧会を開催いたします。

【概要】
開催期間:2017年12月16日(土)~2018年1月14日(日)
開館時間:9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(1/8は開館)、年末年始(12月27日~1月4日)・1月9日(火)
会場:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 特別展示室
主催:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館・公益財団法人 由良大和古代文化研究協会
入館料:
大人400円(350円)、大学・高校生300円(250円)、小・中学生200円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金。ただし下記に該当する場合は無料。
◎未就学児、65歳以上、外国人観光客および付き添いのボランティアガイド、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい保健福祉手帳の所持者および付き添い人、土曜日に入館する県内の小学・中学・高校・特別支援学校生、県内の小学・中学・高校・特別支援学校生が通学校の教員の引率で入館。※それぞれ証明するものの提示が必要です。
top_image

【イベント情報】
・講演会
日時:2018年1月14日(日)13時~15時30分(12時開場)
場所:奈良県立橿原考古学研究所 講堂
講師:
・重見泰(当博物館主任学芸員)「「十二支の考古学」の軌跡(仮題)」
・宮崎泰史氏(大阪府立狭山池博物館)「犬の考古学(仮題)」
備考:申込不要、参加無料

工作教室
日時:2017年12月23日(土/祝)
場所:奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 講座室
講師:成瀬匡章(森と水の源流館)
協力:森と水の源流館 

展示解説
日時:2017年1月14日(日)10時30分~11時
場所:当館 特別展示室
備考:申込不要、入館料が必要

関連イベント(橿原神宮とのジョイント企画)
①当博物館において、橿原神宮 「大絵馬」 原画展
日時:展覧会開催期間中
場所:当館 特別展示室
②橿原神宮において、「十二支の考古学」関連資料の展示
日時:展覧会開催期間中
場所:宝物館、崇敬会館

アクセス:
・近鉄橿原線「畝傍御陵前駅」下車徒歩5分
・近鉄南大阪線&橿原線「橿原神宮前駅」下車徒歩15分

公式サイト:http://www.kashikoken.jp/museum/top.html