ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良国立博物館「特別陳列 おん祭と春日信仰の美術」

おん祭は、奈良の春日若宮社の祭礼です。その歴史は古く平安時代に遡り、保延2年(1136)9月17日に始まったとされ、後に祭日は移り変わりながらも、祭礼は古儀の伝統を守り続け、今年で882年目を迎えます。一年のうち一日だけ(現在は12月17日)、御旅所に遷座する若宮神の前では様々な芸能が奉納され、そして祭礼の参列者が御旅所へ向かう風流行列は、冬の奈良の風物詩として定着しています。 
この特別陳列は、このように伝統ある春日若宮おん祭の歴史と祭礼の様子を、絵画や文献史料、芸能資料等を通じて紹介する展覧会です。今も昔も盛儀を誇る南都の一大祭礼を展示室でじっくり鑑賞し、あわせて、人々が崇敬を寄せた春日社への信仰について理解を深める機会となることを企図しています。本年は、風流行列を描いた絵巻物を展示するほか、かつて春日社の神官を務めた旧社家に伝来した史料を交えつつ、若宮の歴史や春日社の造替について概観します。

【概要】
開催期間:平成29年12月9日(土)~平成30年1月14日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時 
※ 金・土曜日は午後8時まで(12月29日、30日を除く) 
※ 12月17日(日)は午後7時まで 
※ 入館は閉館の30分前まで
会場:奈良国立博物館 東新館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50番地
お問い合わせ先:050-5542-8600
交通アクセス:近鉄奈良駅またはJR奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」下車すぐ
休館日:毎週月曜日
※ ただし1月8日(祝)は開館し、翌9日(火)は休館
観覧料金
個人:一般520円、大学生260円
団体:一般410円、大学生210円
※団体は責任者が引率する20名以上です。 
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。 
※子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]・開館時間延長日の午後5時以降に観覧される方[レイト割引]は、団体料金が適用になります。 
※この観覧料金で、同時開催の特集展示「新たに修理された文化財」(西新館、12月26日より開催)、名品展「珠玉の仏教美術」(西新館、12月9日より開催)・「珠玉の仏たち」(なら仏像館)・中国古代青銅器[坂本コレクション](青銅器館)もご覧いただけます。 
※おん祭お渡り式の日〔12月17日(日)〕はどなたでも無料でご覧になれます。 
※12月22日(金)にご夫婦で入館される方は半額となります。[夫婦の日割引] 
※成人の日〔1月8日(月・祝)〕は、今年度に成人を迎えられた方の観覧料が無料となります。 
※平成30年1月2日(火)~5日(金)に春日大社で配布される小型チラシをご持参の方は、この4日間に限りおん祭展を無料で、なら仏像館を割引料金でご観覧いただけます。
公開講座:◆平成30年1月8日(月・祝)「神主たちの見た『おん祭』」千鳥祐兼 氏(春日大社権禰宜)
主催:奈良国立博物館、春日大社、仏教美術協会
公式サイト:http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2017toku/on-matsuri/2017on-matsuri_index.html

2017on-matsuri-001
2017on-matsuri-002

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 正倉院宝物に学ぶ / 奈良国立博物館 【本】
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/11/27時点)