ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良県立美術館 特別展「ニッポンの写実 そっくりの魔力」

日本のリアリズムアートを紹介する展覧会「ニッポンの写実 そっくりの魔力」が、奈良県立美術館で開催されます。

【奈良県立美術館公式サイトより引用】
何かにそっくりなものを眼にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴な驚きを覚えます。
眼に見えるものをあるがままに再現することへの欲望は、私たちの心に深く根ざした、古くて新しい感情なのではないでしょうか。「現実の事象をそのまま写し取ること」-日本の近代美術家たちは、近世までの「写実」の伝統を土壌としながら、西洋美術の流入を大きな刺激として、多様な「写実」へのアプローチを試みてきました。そして現代では近年、精緻な写実表現を目指す動向とともに、彫刻や工芸においても、日本の伝統的な技術の上に、克明な再現を軸とする表現が注目を集めています。
その一方でまた、写実を包括した超絶技巧と呼ばれる表現形態では、絵画にとどまらず、日本の伝統技術を追究した木造彫刻・金属工芸をはじめ、人体、動植物、日用品を克明に再現した作品も際立って注目されています。また、映像の世界においても、これまでの「記録」としての画像を凌ぐ超密度な画素と装置、アプリケーションも広く一般に流通し、わたしたちの「写実」に対する認識を変化させつつあります。  
この展覧会では、あらゆる対象があらゆる形態で写実的に表現されうる現在の状況、それによりかわろうとしている今日の「リアル」に対する感性のありようを、約80点の写実絵画、超絶技巧による立体作品、高精細な映像作品を通じて考える機会としたいと思います。
【概要】
開催名:特別展「ニッポンの写実 そっくりの魔力」
開催期間:2017年11月23日(木・祝) ~ 2018年1月14日(日) 
開催時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
開催場所:奈良県立美術館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町10-6
お問合わせ先:0742-23-3968 (奈良県立美術館) 
料金:
一般 800円 大学・高校生600円 中学・小学生400円
[団体料金(20人以上)]一般600円 大学・高校生400円 中学・小学生200円
※11月26日(日)は「関西文化の日」で観覧無料
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人は無料です。(各手帳が必要)
※留学生・外国人の方は無料(パスポートをご提示ください)
休館日:
・月曜日(祝日の場合はその翌平日)
・年末年始(12月27日から1月1日まで)
アクセス:
・近鉄奈良駅から徒歩約5分
・JR奈良駅からバス「県庁前」下車すぐ
駐車場:無し
その他:車いす、ベビーカー、車いすの方用のトイレ、エレベーターがございます。ご利用の方は入口でお申し出下さい。
公式サイト:http://www.pref.nara.jp/item/188016.htm
【同時開催・連携展示】
明日香村による連携展示「明日香まるごと博物館-全域に文化財が眠る村とその魅力-」
約1400年前に都が置かれた明日香村とその魅力を現地で感じていただくための
古代と現代が癒合した村の取組を紹介します。

tiraomte20170907114029-001
tiraura20170907114039-001

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鹿サブレ(15枚入り)
価格:1080円(税込、送料別) (2017/11/14時点)