ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

奈良県立美術館【特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」】

奈良市登大路町にある奈良県立美術館にて
9月9日から開催中の【特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」】の観覧に行って来ました。

IMG_9079

今回の展覧会は、日本画家・不染鉄(ふせん・てつ 1891-1976)の没後40年を記念して、21年ぶりとなる回顧展となっています。

明治24(1891)年東京・小石川で生まれた不染は、画家を志して日本画を学び、大正7(1918)年、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学しました。在学中に帝展で初入選を果たし、同校を首席で卒業するなど、一時は華々しい活躍を見せますが、戦後は画壇を離れ、奈良で飄々(ひょうひょう)と作画活動を続けられたそうです。
伊豆大島から京都、奈良へと各地を転々として過ごした経歴や、細密に描き込まれた富士の絵をはじめとする独特の作風から、これまで「異色の画家」とされてきた不染ですが、その画業には未だ不明な点も多い「幻の画家」だそうです。

本展では、代表作や新発見の作品を含む絵画、焼物、絵葉書など約180件を展示し、詩情溢れる初期の作品から、「海」を主題として新たな画境を拓いた戦後、そして晩年の胸中を託した心象風景まで、およそ60年に及ぶ画家としての足跡をたどり、その魅力と特質に迫っています。

実際に観た感想ですが、写真などで見る以上に一つひとつがすごく繊細に仕上げられていて、独特の視点で描かれているためなのか離れて見るのと近づいて見るのとで印象が凄く変わります。
特にポスターにも使用されている、富士山が印象的な『山海図絵(伊豆の追憶)』は、下のほうに太平洋と海岸線を緻密に描いているのに、上のほうには富士山の向こう側、日本海側の家々もしっかり描いています。
IMG_9081

貴重な作品ばかりで独特な世界観に満ち溢れていて、凄く趣のある展覧会でした。

【概要】
特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」
Tetsu Fusen: A Retrospective – 40th Anniversary of His Death
会場:奈良県立美術館
住所:〒630-8213奈良市登大路町10-6
アクセス:
・近鉄奈良駅1番出口から徒歩5分
・JR奈良駅から奈良交通バス「県庁前」下車
会期:平成29年(2017)9月9日(土曜日)~11月5日(日曜日)
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
観覧料:一般800(600)円、高・大学生600(400)円、中・小生400(200)円
※(  )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人、外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は無料
公式サイト:http://www.pref.nara.jp/item/182814.htm#moduleid44968

20170804140117-001

20170804140131-001
20170804140131-001

奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫) [ 仲町 六絵 ]
奈良町ひとり陰陽師 (メディアワークス文庫) [ 仲町 六絵 ]