ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

8月23日(水)24日(木)地蔵会万灯供養 / 元興寺

昭和23(1948)年に復興した宗教行事で、極楽堂(曼荼羅堂)に掲げられる各界名士奉納の行燈絵が、初志の行を今に伝えます。2017年で復興して69年目になります。
そもそも中世以来、元興寺庶民信仰の歴史の中で、地蔵信仰はもっとも盛んな信仰でした。

毎年8月23日・24日の両日で執り行う地蔵会は、その伝統を受け継ぐもので、有縁無縁一切霊等を追善し、また家内の繁栄と子供たちの健やかな成長を、そして世界の平和を地蔵大菩薩に祈願する行事でもあります。

現在の灯明を点じての供養は、昭和63(1988)年に浮図田(ふとでん)の整備とともに、その作法として発意したものです。浮図田とは、石塔・石仏(浮図)類を田圃のごとく並べた中世の供養形態を示しています。
05d0236cca25db5339881da82c23f49e

【概要】
開催名:地蔵会万灯供養
開催期間:8月23日(水)~24日(木)
開催時間:17:00~21:00
開催場所:元興寺
所在地:〒630-8392 奈良市中院町11
お問合わせ先:0742-23-1377(元興寺) 
料金:無料
アクセス:JR奈良駅から徒歩約20分、近鉄奈良駅から徒歩約12分
駐車場:乗用車12台(拝観時間内 無料)、大型バス2台(予約必要)
公式サイト:http://www.gangoji.or.jp/