ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

8月14日(月)・15日(火) 春日大社 中元万燈籠

春日大社の境内3000基にも及ぶ燈籠は、800年前の昔から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたものだそうです。

近年は2月の節分と8月14・15両日の夜に行われ、これら全てに火が入れられます。特に8月は舞楽の奉納が本殿の前で行われます。このあと、本殿にお参りするのですが、その頃になると日が暮れて灯籠が、浮かびあがってきます。

灯籠には、あらかじめ崇敬者の方々に願いを書いていただいた和紙が貼ってあり万灯籠の日に参列した方々に浄火を入れてもらいます。昔は油料の続く限り毎晩点燈され、特に雨乞祈願には万燈が行われた記録があるようです。

石燈籠が整然と並ぶ二之鳥居から本社付近、そして釣燈籠が並ぶ朱塗の廻廊などは、王朝絵巻を見るようです。
2015 春日大社中元万燈籠 (22)_R
【概要】
開催期間:8月14日(月)~15日(火)
開催時間:19:00~21:30
場所:春日大社
所在地:〒630-8212 奈良県奈良市春日野町160
お問い合わせ先:春日大社 0742-22-7788
アクセス:JR・近鉄奈良駅から春日大社本殿行バス8分終点下車すぐ、又は市内循環バス「春日大社表参道」下車徒歩10分
公式サイト:http://www.kasugano.com/kankou/mantourou/
春日大社のすべて 宮司が語る御由緒三十話 [ 花山院弘匡 ]
春日大社のすべて 宮司が語る御由緒三十話 [ 花山院弘匡 ]