ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

なら燈花会の期間は小径に灯りが灯される【不空院 夏の夜間拝観 不空羂索観音菩薩坐像(重文)など】(奈良市)

奈良市にある不空院はその名が示す通り、春日山を背に不空羂索観音を本尊とする真言律宗の古刹です。

春日の杜から高円山へと続く門前の小道には、今も古き奈良の風情が残ります。
ここに足跡を残された弘法大師(空海)にちなみ「福井之大師」とも呼ばれ、「女人救済の寺」としても知られております。

夏の夕暮れ時に本堂を拝観していただけます。また、本尊の不空羂索観音菩薩坐像(重文)は一面三目八臂の像で、羂索という縄、蓮華、錫杖,払子を持つお姿をされています。

燈花会期間は趣のあるお寺界隈の小径にも行灯が並び、明かりが灯されます。

f:id:revival2018:20180730110634p:plain

【概要】
開催名:夏の夜間拝観 不空羂索観音菩薩坐像(重文)など
開催期間:2018年(平成30年)8月5日(日) ~ 2018年8月14日(火)
開催時間:18:00 ~ 21:00
会場:不空院
所在地:〒630-8301 奈良市高畑町1365
拝観料:600円
お問い合わせ先:0742-26-2910
公式サイト:縁切寺 | 日本 | 春日山 不空院 鑑真
交通アクセス:JR奈良駅または近鉄奈良駅より奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「破石町」下車、東へ徒歩約10分
駐車場:無し

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

修学旅行で行ってみたい日本の世界遺産(3)新版 奈良の世界遺産
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/7/30時点)