ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

古都に吹いた美の新風を感じる【奈良県立美術館「明治150年記念企画展  美の新風 -奈良と洋画-」】(奈良市)

「洋画」とは、日本古来の画材や技法を用いた「日本画」に対し、ヨーロッパで生まれた油彩画や水彩画などを指し、明治時代以降、本格的に日本に定着した絵画の一分野です。

この新しい文化が奈良にもたらされたのは、穏やかな気候と豊かな自然にひかれ、洋画家たちが奈良を訪れるようになる明治時代も後半のことです。以降、この地に移り住んだ画家たちによって画塾や展覧会が開かれるようになり、一方では、学校での美術教育を通じて国内外で活躍する画家も輩出されるなど、洋画は徐々に奈良の地に根づいてゆきました。

この展覧会では、本年が明治時代の始まりから 150年を迎えるのを記念して、この時代に大きな動向を見せた「洋画」の奈良での展開を紹介します。奈良ゆかりの作家たちによる作品や、奈良を描いた洋画の名品をご覧いただき、古都に吹いた美の新風を感じていただく機会となれば幸いです。

f:id:revival2018:20180719214237p:plain

【概要】
開催名:明治150年企画展「美の新風 ~奈良と洋画~」
開催期間:2018年(平成30年)7月21日(土)~  9月17日(月・祝)
開館時間:午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌平日)
開催場所:奈良県立美術館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町10-6
料金:
[一般]大人400円、大学生・高校生250円、中学生・小学生150円
[団体割引(20名以上)]大人300円、大学生・高校生200円、中学生・小学生100円
※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人は無料です。(各手帳が必要)
※留学生・外国人の方は無料(パスポートをご提示ください)
お問い合わせ先:0742-23-3968(奈良県立美術館)
公式サイト:県立美術館/奈良県公式ホームページ
交通アクセス:
・近鉄奈良駅から徒歩約5分
・JR奈良駅から徒歩約20分
・JR奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」「天理駅」「下山」「藤原台」「高畑町」などに乗車、「県庁前・興福寺」下車すぐ
駐車場:なし

【同時開催・ギャラリー展示 県文化資源活用課による展示】
「明治150年記念写真パネル 近代の奈良」
各展覧会の会期中には、ミュージアムコンサートを開催します。