ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

芸能の神様としても有名な神社【天河大辨財天社 御造営三十年記念大祭】(天川村)

天川村の天河大辨財天社は別名天河神社ともいい、日本三大弁財天の筆頭・大峯本宮とされる霊験あらたかな神社で、芸能の神様としても有名です。

能関係資料多数が保存され、我が国能楽発達史上の貴重な資料とされています。また、空海(弘法大師)は、同神社への参籠や大峯の山中で修行によって神仏習合の密教を「あ字観」として完成し、塔中寺院の一つであった来迎院横にあるお手植と伝えられる大銀杏(天然記念物)の脇に碑が残されています。

7月の例大祭や春秋の大祭には能楽奉納もあり、数々の年中行事の中には珍しい神事も多数行われています。

今年は、平成元年の「平成の大造営」から30年を向かえます。
これを記念して、恒例の例大祭を御造営三十年記念大祭と称して、7月16日から22日まで開催します。
期間中は、本殿参殿の特別開帳や各種芸能音楽等の奉納が予定されています。

f:id:revival2018:20180715003656p:plain

【概要】
行事名:御造営三十年記念大祭
開催期間:2018年(平成30年)7月16日(月・祝)~ 22日(日)
開催場所:天河大辨財天社
所在地:〒638-0321 奈良県吉野郡天川村坪内
お問い合わせ先:0747-63-0558 (天河大辨財天社)
公式サイト:天河神社のホームページ
交通アクセス:近鉄吉野線「下市口駅」より奈良交通バス「中庵住」行き乗車、「天河大辨財天社」下車 徒歩すぐ
駐車場:30台