ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

「糸」の仏の世界の魅力が鑑賞できる【奈良国立博物館 修理完成記念特別展 糸のみほとけ-国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏-】(奈良市)

日本では刺繡(ししゅう)や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られました。とりわけ、古代では大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在でした。
綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)(国宝、奈良・當麻寺蔵)や刺繡釈迦如来説法図(ししゅうしゃかにょらいせっぽうず)(国宝、奈良国立博物館蔵)は、その隆盛のさまを伝える至宝です。
また、糸を縫い、織る行為は故人の追善につながり、聖徳太子が往生した世界を刺繡で表した天寿国繡帳(てんじゅこくしゅうちょう)(国宝、奈良・中宮寺蔵)が生み出されました。

鎌倉時代以降、刺繡の仏は再び隆盛を迎えますが、その背景には綴織當麻曼荼羅を織ったとされる中将姫に対する信仰がありました。
極楽往生を願う人々は中将姫(ちゅうじょうひめ)に自身を重ね刺繡によって阿弥陀三尊来迎図(あみださんぞんらいごうず)や種子阿弥陀三尊図(しゅじあみださんぞんず)を作成しました。

この展覧会は綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、綴織と刺繡による仏の像を一堂に集める特別展です。天寿国繡帳、綴織當麻曼荼羅、刺繡釈迦如来説法図の国宝3点が一堂に会する空前の企画です。
本展を通して絵画とも違う「糸」の仏の世界の魅力を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

f:id:revival2018:20180706205654j:plain

【概要】
展覧会名:修理完成記念特別展 糸のみほとけ-国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏-
開催期間:2018年(平成30年)7月14日(土)~ 8月26日(日)
開館時間:午前9時30分~午後6時
※毎週金・土曜日と8月5日(日)~15日(水)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 ※ただし7月16日・8月13日は開館
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
所在地:〒630-8213 奈良市登大路町50
料金:一般 :1,500円 高校・大学生:1,000円 小・中学生:500円
※この観覧料金で、名品展(なら仏像館・青銅器館)も観覧できます。
主催:奈良国立博物館、読売テレビ、日本経済新聞社
お問い合わせ先:奈良国立博物館(ハローダイヤル)050-5542-8600
公式サイト:糸のみほとけ|奈良国立博物館
交通アクセス:
・近鉄奈良駅下車、登大路を東へ徒歩約15分
・JR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バス「市内循環外回り」乗車、「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
駐車場:専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。