ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

蓮の咲く時期に特別にご開帳【弁天堂神影 宇賀神像(秘仏)特別開扉】(奈良市)

奈良市の喜光寺は、奈良時代の高僧、行基菩薩が養老5年(721年)に創建しました。東大寺大仏建立のための布教活動の拠点とした寺と伝えられています。

また、行基菩薩はこの寺で入滅しました。本堂は、東大寺造営の際の大仏殿の雛型として建てられたとの伝承から「試みの大仏殿」と呼ばれています。

蓮の名所として知られ、6月中旬~8月中旬には250鉢の蓮が境内を華やかに彩ります。

例年7月の暁天講座の3日間にだけご開帳される宇賀神が、特別に蓮の見頃の時期に長くご開帳されます。
宇賀神はとぐろを巻いた蛇が鎌首を持ち上げ、その頭が長い髭をたくわえた老人の顔を持つ神秘的なお姿です。

f:id:revival2018:20180604214105p:plain

【概要】
開催名:弁天堂神影 宇賀神像(秘仏)特別開扉
開催期間:2018年(平成30年)6月15日(金)~ 8月19日(日)
拝観時間:9:00~16:00
※蓮の開花時期の7月中の土日・祝日は7:00 ~ 16:30
※最終受付は16:00
会場:喜光寺
所在地:〒631-0842 奈良市菅原町508
拝観料:高校生以上500円、中学生以下300円
お問い合わせ先:0742-45-4630
公式サイト:奈良喜光寺 公式サイト | 行基菩薩の涅槃の寺 蓮の花と小さな大仏殿
交通アクセス:
・近鉄奈良線&京都線&橿原線「大和西大寺」駅から徒歩20分
・近鉄橿原線「尼ケ辻」駅から徒歩10分
駐車場:10台(無料)