ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

東海道や伊勢、歌川広重の名所絵ずらり【奈良県立万葉文化館「広重―雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく―」】(明日香村)

奈良県明日香村の奈良県立万葉文化館にて、江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川広重(1797~1858)が描いた東海道の名所絵などを紹介する特別展「広重」が開催されています。

東海道五十三次の宿場町などの風景や名所絵などで知られ、「保永堂版東海道」を中心に計約150点を展示しています。
昨年(2017年)が広重の生誕220年に当たることから、全国各地で巡回展が開かれており、県内での開催は初めてとなります。「伊勢名所」や「名所江戸百景」などの作品も展示されています。

f:id:revival2018:20180516205645j:plain

【概要】
開催期間:2018年(平成30年)5月12日(土)~7月1日(日)
開館時間:10:00 ~ 17:30(入館は17:00まで)
休館日:毎週月曜日
会場:奈良県立万葉文化館 日本画展示室
所在地:〒634-0103 奈良県高市郡明日香村飛鳥10
観覧料:
[個人]一般 1,000円、大学・高校生 500円、小・中学生 300円
[団体(20名以上)]一般 800円、大学・高校生 400円、小中学生 240円
※その他割引き等は、万葉文化館ご利用案内をご確認ください。
お問い合わせ先:0744-54-1850(奈良県立万葉文化館)
公式サイト:奈良県立万葉文化館
主催:奈良県立万葉文化館
企画協力:青幻舎プロモーション
交通アクセス:
・近鉄南大阪線&橿原線&吉野線「橿原神宮前駅」東口又は近鉄吉野線「飛鳥駅」から、明日香周遊バス(かめバス・約20分弱)乗車、「万葉文化館西口」下車すぐ
・JR万葉まほろば線&近鉄大阪線「桜井駅」南口から、石舞台行きバス(約20分)乗車、「万葉文化館」下車すぐ
駐車場:無料。普通車109台、バス7台収容可能(※バスは事前予約が必要です)。