ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

中将姫を極楽堂へ導く儀式【當麻寺 練供養】(葛城市)

葛城市の當麻寺で毎年執り行われる「練供養」は春の大祭で、中将姫の現身往生を再現する行事です。中将姫は當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生されました。
観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽へ導くという儀式です。

1000年を越える伝統を持つこの行事は、もちろん我が国の「練供養(ねりくよう)」の発祥で、境内は、数多くの参詣者で埋め尽くされます。(雨天の場合は、来迎橋ではなく、曼荼羅堂の周囲を行道します。)  

当日は境内に長い掛け橋が渡され、極楽浄土から二十五菩薩に扮した人たちが、娑婆堂に進み中将姫を蓮台に乗せて浄土へ導く、来迎引接のさまを演劇的にあらわした古い宗教行事です。

来年の平成31年(2019年)からは中将姫の本来の命日に合わせ4月14日へと日程を変更されます。5月14日の開催は本年が最後となります。

f:id:revival2018:20180507104536j:plain

【概要】
開催期間:2018年(平成30年〉5月14日(月)
開催時間:16:00 ~
会場:當麻寺
所在地:〒639-0276 奈良県葛城市當麻1263
拝観料:無料
お問い合わせ先:0745-48-2001
公式サイト:當麻寺 中之坊と伽藍堂塔 -奈良県 葛城市-
交通アクセス:近鉄南大阪線「当麻寺駅」から徒歩15分
駐車場:「市営當麻観光駐車場」、臨時駐車場として「當麻健民グラウンド」 ※当日は、當麻寺参道通行止め