ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

「コスモス寺」として知られる古寺【般若寺 白鳳阿弥陀仏 寺宝特別公開】(奈良市)

奈良市般若寺町の「コスモス寺」として知られる般若寺で29日から、同寺に伝わる秘仏などの特別公開「白鳳阿弥陀仏 寺宝特別公開」が5月9日まで行われます。

般若寺の創建は、飛鳥時代と伝えられています。寺伝によりますと、629年高句麗の僧慧灌がこの地に寺を建て文殊菩薩像を安置したのに始まりました。その後、奈良時代の735年(天平7年)聖武天皇の時に、平城京の鬼門鎮護のため堂塔を造営されたと伝えられています。

初夏のヤマブキ、梅雨時のアジサイ、秋のコスモス、冬のスイセンと境内の石仏を四季折々の花々が彩ります。

特別公開は、以前はコスモスが開花する秋に行っていましたが、気候の良い時期に宝物を見てもらおうと、2013年から春の特別公開も始めました。

展示は同寺の宝蔵堂で行われ、昭和39年に十三重石宝塔(重要文化財)から発見された阿弥陀如来立像(同)や舎利塔、阿弥陀如来立像の台座に納められていた胎内仏三尊(同)などが公開されます。

f:id:revival2018:20180429121943j:plain

【概要】
開催名:白鳳秘仏寺宝特別公開(重文など)
開催期間:2018年(平成30年)4月29日(日)~ 5月10日(木)
拝観時間:9:00 ~ 16:00
会場:般若寺
所在地:〒630-8102 奈良市般若寺町221
料金:特別拝観(維持協力費)200円
拝観料:
[個人]大人・大学生500円、高校生・中学生200円、小学生100円
[団体割引(30名以上)]大人・大学生400円
お問い合わせ先:0742-22-6287
公式サイト:般若寺公式ホームページ
交通アクセス:JR奈良駅西口または近鉄奈良駅から奈良交通バス「青山住宅」または「州見台八丁目」行き乗車、「般若寺」下車、徒歩約5分
駐車場:
[乗用車]1時間以内は無料。以降は1時間500円
[バス]1時間以内は無料。以降は1時間1000円
※駐車場利用の場合は受付に申し出てください。