ならまちセゾン

奈良をメインに情報を発信し、散策日記なども綴っていこうと思います。

全国の美味しいかき氷が集結【ひむろしらゆき祭 in 奈良春日野国際フォーラム 甍 別館】(奈良市)

5月5、6の両日、奈良市の奈良春日野国際フォーラム甍(いらか)別館で、全国各地のかき氷の有名店が集う「ひむろしらゆき祭」が開催されます。

f:id:revival2018:20180428105547p:plain

奈良県内を中心に大阪、神戸、滋賀、名古屋、岐阜から計21店舗が参加します。人気店がコラボしたかき氷や、期間限定メニューを提供する店舗もあり、かき氷好きにとってはたまらない2日間となりそうです。

「ひむろしらゆき祭」は、「かき氷を奈良の観光資源に」とのテーマのもと、全国の製氷販売業者などが氷柱を奉納して商売繁盛を願う「献氷祭」が営まれている氷室神社で、平成26年にスタートしました。
昨年は約12,000人もの来場者を集め、年々来場者が増加しています。初夏の奈良を彩る恒例行事として定着しつつあるイベントです。

今回は氷室神社から会場を移し、前売りチケットの購入が必要な「前売り枠」(販売終了)、チケットなしでも入場できる「一般枠」と2つのブースに分かれて出店します。各店120~200杯の提供を予定しています。

当日は例年通り、「氷室神社」で朝8時半から神事がおこなわれ、出店者がかき氷を奉納します。
また、奈良時代に各地の氷室から平城宮まで氷を運んだ故事にまつわり、初めて氷室神社から神官と天平衣裳の女官とともに72時間かけて凍らせた純氷を会場まで運ぶ「純氷道中」が行われます。
夜には、氷献灯で照らし出された幻想的な空間のなか音楽奉納が催される予定です。

普段は食べられないオリジナルメニューや行列店のかき氷を楽しんでみましょう!

【出店店舗】
5月5日:茶屋赤鰐 & ブルーリバーカフェ & hau、COCOO CAFE、山口果物、おちゃのこ、氷匠ル・クレール(以上前売り券販売)、鶴屋徳満、パパドウルスの丘の上食堂、千壽庵吉宗千壽茶寮、絵図屋、バンブーノ、ブタとエスプレッソと、K COFFEE
5月6日:茶屋赤鰐&デルベア&A.cocotto、こおり屋 bambu、COCOO CAFE、氷とお芋の専門店らんらん、氷匠ル・クレール(以上前売り券販売)、鶴屋徳満、萬勝堂、パパドウルスの丘の上食堂、ブタとエスプレッソと、cafe fukubako、春日野窯、平宗法隆寺店

【概要】
イベント名:ひむろしらゆき祭 2018
開催期間:2018年5月5日(土)・6日(日)
開催時間:【入場について】
当日混雑緩和のため入場時間帯を設けられています。
1 : 10:00~11:30
2 : 13:00~14:30
3 : 15:00~16:00
会場:春日野国際フォーラム甍 別館
所在地:〒630-8211 奈良県奈良市雑司町469
料金:入場無料(別途かき氷代)
当日券販売について:
販売時間:5日・6日とも午前9時より販売
販売場所:甍別館2F・ひむろ(前売り)エリア入口
販売数量:各店舗、各日、入場時間帯『13:00~14:30』『15:00~16:00』各10枚の20枚当日券を販売します。
購入制限:数量に限りがありますので、『お1人様、1店舗1枚・合計2枚まで購入可能』となっています。
公式サイト:ひむろしらゆき祭
交通アクセス:
・近鉄奈良駅2番出口より徒歩約25分
・JR奈良駅または近鉄奈良駅より奈良交通バス「春日大社本殿」行き乗車、「奈良春日野国際フォーラム甍前」下車、徒歩約3分。又は「市内循環(外回り)」「高畑町」「藤原台」行きなどに乗車、「東大寺大仏殿・春日大社前」下車、大仏殿交差点東へ徒歩6分
・JR奈良駅西口または近鉄奈良駅から【ぐるっとバス】「奈良公園ルート」乗車、「奈良春日野国際フォーラム甍前」下車、徒歩約3分
駐車場:会場には駐車場・駐輪場はございませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。